巴町の大きな栗の木の下で

ilcastagno.exblog.jp
ブログトップ
2016年 12月 18日

癒される場所へ

休日の朝、年末に向け急がない焦らない手を抜かないを心がけるため、まずは特定健診の結果を聞きに病院へ

待つ事2時間・・・・・zzzz(´-`).。oO

タバコ吸わない、酒一週間で一杯程度、賭け事しない(宝くじだけ)、良好で健全な検査結果となりました。



朝食食べて病院で寝て待ってただけなの、お腹は減ったみたいです。

先週は清水の商店街をブラつき中華食堂でランチ、今日は静岡の商店街浅間通りの「おがわ」で静岡郷土料理を堪能
d0099845_18475665.jpg


土地に根ずく古き良き料理を再認識、食べれる時に食べておかないと、いつかは食べれなくなる日が来るかもです。

自分の体調かも知れないし、失礼ですがお店が終わってしまう時が来るかも知れません。

そう、そしていつも夫婦で伺わさせていただいていた、心を癒してくれるお気に入りのカフェがとうとう今年末で閉店する事に・・・・・・( i _ i )


静岡でも新しいスタイルのカフェがあちらこちらでオープンする中、30年近く続けて来たカフェ喫茶店が幕を閉じようとしています。
d0099845_18475747.jpg


モーニングがあり、厚焼のトーストに自家製のジャムと卵料理とサラダ、そして癒しのドリップ珈琲
店内に響くジャズと共に豆を挽く音、この時に香る珈琲の匂いが癒される瞬間です。
d0099845_18475810.jpg



マスターの「お待ちどうさま、どうぞン〜」の声と、珈琲の薫りで更に心が落ち着きます。
d0099845_18475953.jpg




他にも新聞をめくる音、タバコを吸い咳き込む音、ドアが開くとカランコロンと響く音、ここの常連さんは皆癒されに来ています。
d0099845_18475980.jpg



忙しない街の日々の皆の一瞬のオアシスなのです。

人それぞれ違う時間を過ごし、癒される空間もそれぞれです。

時が流れると世代も求める物が変わっていきます、時代と共に変わるスピードにも寂しさを感じる2017年の12月の月曜日の出来事でした。

マスターいつもありがとうございました。
d0099845_18480028.jpg


残りの時間、疲れた皆の心を癒してあげて下さい。
お身体だけはご自愛ください。(。-_-。)
d0099845_18480186.jpg






さて、癒された僕は次の日がちょっと忙しいので、夕暮れ時に月登るこの冬の時間に休日出勤をいたしました。



こんな仕込み


伊東の母の春ちゃんからの毎年送られてくる御歳暮のミカン

いつもの様にミカンジャムを作りました。
d0099845_18480118.jpg

年越しアンティパストに御年賀としてお付け致します。
d0099845_18480259.jpg


こちらは梅が島の原木椎茸んオイル漬け
d0099845_18480371.jpg



今年のクリスマスは23日と24日の二日間
アンティパスト3皿
プリモピアット2皿
セコンドピアット1皿
ドルチェ1皿盛り合わせ
バッボ ナターレからの贈り物付き
となります。
メニューは決まりましたが、お楽しみです。 数席余裕がございます。
お値段 7000円+消費税(お一人様)
時間は18時から19時半の入店となります

年越しアンティパスト盛り合わせ
是非、お家族やお友達とカスターニョのアンティパストで新しい年を迎えましょう。
こちらも残り数箱となりました。
お値段20000円+消費税です



[PR]

by 173-castagno | 2016-12-18 01:20 | 日々の日記 | Comments(2)
Commented by カフェシーン at 2016-12-26 16:20 x
載せていただきありがとうございます😊
いつの日かお子さんと三人でお見えになれるような店が出来るように頑張ります!本当にありがとうございます。
Commented by 173-castagno at 2016-12-31 22:26
マスターコメントありがとうございます
そして、本日カフェシーンの営業が最後でしたね、本当にお疲れ様でした。

いつも、私達夫婦を美味しいコーヒーとトークで癒してくださり、ありがとうございました。
いつか、マスターのコーヒーを入れる空間を3人で伺える日を楽しみにしております。


<< 美味しい食材      続々届いております、食材や小さな笑顔 >>