巴町の大きな栗の木の下で

ilcastagno.exblog.jp
ブログトップ
2017年 04月 25日

作物 と 野草


暖かくなるにつれ、我が家に誕生する子も日に日にお腹が大きくなっています。
もうすぐです。

今朝は私がパン作り、生ハムを入れ美味しいのですが、よくあるハムを挟んだロールパンに、味が似てしまいました。

d0099845_18540707.jpg


休日の月曜日に富士宮のアソビカルチャーの畑へお手伝いに行ってまいりました。

その途中、52号線沿いで蜜柑販売をしていたので、立ち寄って倉沢の甘夏を購入

カスタードのタルトです。
d0099845_18540813.jpg


到着
まだチョット肌寒い富士宮

畑では沢山のお野菜が元気に育っておりました。
d0099845_18540811.jpg

お手伝いと言っても、自分に出来る仕事は草むしり、でもこの仕事が大変なのです。

畑では雑草とされる野草達を、抜いていきます。
抜いて抜いて抜いて抜いて抜いて抜いて抜いて抜いて抜いて抜いて抜いて抜いて抜いて抜いて抜いて抜いて抜いて抜いて抜いて
抜きました。

途中草をむしっていると、小動物や昆虫、妖怪などが現れました。

耳を澄ませば、あちらこちらでホーホケキョ (鶯)や、チョット小うるさいギッギャギャ ギッギャギャ ギッギャギャ(コジュケイ)など鳴いています。

さらに、イタズラをしたいのか、振り向くとソッポをむき、自分の背後を狙って来ます。(カラス)
他にも昆虫がいろいろ土の中から迷惑そうに逃げ回ります。
そして、草むしり中盤にもなると、現れたのが妖怪ヨウツウ、自分の腰辺りにのしかかって来ます。
立ち上がってから、前屈したり天を仰いだり、トントンと叩いて追い払っても追い払っても、まとわりついて来ます。
ここまで来ると逃げきれません、結局最後まで腰辺り居着いた妖怪ヨウツウ(腰痛)
運動不足の人に取り付くらしい妖怪です。




今畑の野草は花満開です

綺麗な瑠璃色の小さな花を咲かせるオオイヌノフグリ、英名はキャッツアイなんてカッコイイ名ですが、和名は犬の陰嚢(オ◯チン)です。可哀想に誰が付けたんだって感じです。こんな可愛のに犬のオ◯チンですよ!
d0099845_18540919.jpg

ヤマブキ 綺麗な黄色ですね
この花の姿が美しく、たくさんの和歌にも読まれてきたことから、山吹は春の季語らしいです。
d0099845_18541095.jpg

こちらはあちらこちらで見かける、カラスノエンドウ
いろいろな説の名の由来がありますが、花言葉は小さな恋人だそうです。
小さな花が寄り添って咲くからだとか、鞘の豆は小さい時ピーピー鳴らして遊んだりしました。
d0099845_18541051.jpg

この花が何を調べても出て来ません。
もしかして新種を見つけたのかも?
なんて和名にしようかな〜?


d0099845_18541143.jpg

蕪の菜花にナナホシテントウムシ
d0099845_18541228.jpg

アマガエルくん
起こしてしまいました。
d0099845_18541229.jpg

こちらはアカガエル
d0099845_18541379.jpg


生き物がいる環境
大事ですね。


来週からゴールデンウィーク
皆さんどちらにお出かけになるのかな?
ゴールデンウィーク期間中もお昼の営業はお休みですが、夜は6時から営業しております。



[PR]

by 173-castagno | 2017-04-25 17:33 | Comments(0)


<< ゴールデンウィークは月曜日のみお休み      急に汗ばむ陽気ですね 。「葭始... >>