巴町の大きな栗の木の下で

ilcastagno.exblog.jp
ブログトップ
2017年 05月 15日

15日16日は定休日

ゴールデンウイーク後の最初の週末

皆様、ゴールデンウイークの疲れが出た先週末だったのではないでしょうか?

日曜日も沢山のお客様に来ていただきありがとうございました。

6時オープン前に、大きいお腹を抱えた由香ちゃんがお店に登場、電話に出たりとしていたら6時を過ぎてしまい、あっという間に満席、帰ることが出来ず働かせる羽目になってしまいました。

いやー由香ちゃんが居なかったら、新人田村君と二人でドタバタレストランになるところでした。

いやー本当に助かった〜


さてさて、最近のお話

今、カスターニョの裏山には沢山の初夏の花々が咲いております。
野鳥も繁殖時期でしたので、オトコ自慢の囀りがあちらこちらで聴こえて来ました。

定番野草のカタバミ(ミツバ)
綺麗な赤紫ですよね〜
見とれちゃいます

d0099845_00355776.jpg

ヤブヘビイチゴ
野イチゴとは違って美味しくないイチゴです

d0099845_00355757.jpg

キク科のニガナ
食用にもなるそうですが、花言葉はなんと
「私を食べないで」ですって、本当にこんな花言葉はあるのかな〜?

d0099845_00355845.jpg

まだ咲いていないけど、これから梅雨入りしたら鮮やかに咲き乱れるんでしょうね。
ウズアジサイ
d0099845_00355966.jpg

トキワツユクサ
これも愛らしく綺麗ですね。
d0099845_00355978.jpg

あちらこちらでどこにでも見かける、南米原産の野草のイヌムギ
d0099845_00360081.jpg

こちらはヨーロッパ原産の野草
ヒメ小判草
d0099845_00360094.jpg


野草はどれもこれも、特徴ある種の飛ばし方をします。
とにかく子孫を残すために、あらゆる方法で遠くに種を運びます。
バネの様に弾けたり、風に乗ったり、動物や人の服にくっ付いたり、野鳥に食べられてフンと一緒に出て来たり、とにかく世界中を旅する野草達、外来種や在来種様々ですが湿気や乾燥した場所、自分で環境に適応し出番が来るまで土の中でジッと待ちます。
更に一つが枯れると次の野草が出て来ます、更にその次と、こうして夏には野草で覆われ、人は炎天下で草むしりをしなければならないのです。
人は自分にとって不都合な野草を〝雑草″と呼びます。

でも、この野草達がいないと虫達が繁殖できず、野鳥達の餌も無くなってしまいます。
鳥の囀りが自分の庭で聴きたければ、除草剤などに頼らず、腰が痛くなっても自分の力で抜いて行きましょう。

育っちゃったワラビ達
あ〜取りに来ればよかった

なんか、背筋を伸ばしてあくびをしている様にも見えます。
d0099845_00360100.jpg



こんな小道の向こうの森に、お店を構えたいな〜
うん、そうしよう!
d0099845_00360208.jpg



お知らせ

只今、カスターニョはお昼の営業をお休みしております。
大変ご迷惑をおかけしております。

夜の営業は18時からとなります。
平日は空いているので、是非お待ち申し上げます。


[PR]

by 173-castagno | 2017-05-15 23:23 | Comments(0)


<< 最近の趣味 野草 野鳥観察と...      イベント情報 >>