巴町の大きな栗の木の下で

ilcastagno.exblog.jp
ブログトップ
2017年 07月 21日

暑中お見舞い申し上げます

赤紫蘇
葉を洗って、むしって、茹でて、浸して、漉して、冷して、炭酸と割って出来上がり

d0099845_00173531.jpg

暑い夏の為の赤紫蘇ジュース

d0099845_15185373.jpg


トマト🍅
d0099845_14555217.jpg


切って、塩して、水だして、オレガノ振って、オイル垂らして、じっくり焼いて、出来上がり
d0099845_14555397.jpg

ドライトマト
d0099845_14555309.jpg

茹でて、水に晒して、酢と和えて出来上がり
塩して、揚げて、酢と和えて出来上がり
d0099845_14555495.jpg

揚げなす、冬瓜、ソーメンカボチャの甘酢漬け
d0099845_14555580.jpg




捏ねて、発酵させて、丸めて、揚げて、出来上がり

外サクパリッ、中もっちり、
揚げパン
d0099845_11022721.jpg

切って、マリネして、寝かせて、回して、出来上がり

d0099845_14555530.jpg

ガスパッチョ
d0099845_15185425.jpg


ジェノベーゼソース(パスタ用)
d0099845_15185452.jpg

パプリカとトマトのアラビアータ(パスタ用)
d0099845_15185537.jpg




本日、日曜日 お席空きまくり

お待ち申し上げます。


おまけ

ひまわり🌻

かわいかったので買ってきました

d0099845_15231733.jpg




[PR]

# by 173-castagno | 2017-07-21 11:00 | Comments(0)
2017年 07月 20日

黄金みどり茶の諸子沢へ


また、諸子沢へ

アマゴが欲しく朝のドライブ

朝の通勤ラッシュの渋滞を抜けると、山々に囲まれた道路、エアコンを使わない私ですので窓から入る山の冷気を感じ、音楽も消し蝉の鳴き声だけを聞きながら、藁科川沿いをひたすら走ります。

到着

d0099845_03090017.jpg


生け簀にいるいる、アマゴ以外にもイワナもいるかな?
d0099845_03090066.jpg

紫陽花みたいな花もまだ咲いています。
d0099845_03090114.jpg

お茶を欲しいと言う方がいたので、その方々のお茶も購入
静岡市内では販売していない為、ここにいかなけれれば手に入れることができないそうです。
休日にはいろいろな県外からお客様が、お茶を見に来るそうです。
三連休の日には沖縄からのお客様が来ていたとか


このまま帰るのはもったいないので、ちょっと沢に足を浸しリラックス・・・・・・・・・・・・・・・・・・・気持ちいい〜〜!

以前三島の箱根西簏で開催した朝食会、次の開催場所はここ諸子沢の沢のほとりで開催しようかな・・・
沢の流れる音に朝の冷たい山々の冷気を(霊気)を感じながら、お茶やアマゴを使った朝食メニュー

8月あたりに暑気払いとしてやりたいな〜

メニュー考えておこ

d0099845_03090157.jpg





先日、いただいた杉山農園の竜南のブルーベリーはこんな感じになりました。
自家製尽くし
自家製シリアル、自家製ヨーグルト、自家製ジャム、自家製パンで朝食

ひよっこを見ながら至福の時


d0099845_03090285.jpg

タルト生地焼いていたら、なんと真っ黒に焦がしてしまった為、急遽ビスコッティのクズをバターで合わせ固め、ブルーベリーとカスタードのケーキを作りました。
美味しいですよ〜!

d0099845_03090304.jpg

自家製塩麹に軽く付けて焼いた豚ロース肉のグリル
d0099845_03090302.jpg


暑くバテそうな時はカスターニョへ来てくださいね






おまけ

知人の家へご挨拶しに行ったら、子供たちが蝉の幼虫から羽化し始めているよって、見せてくれました。

凄い!

小さい時散々蝉を捕まえたけど、意外に羽化しているところは初めて見るかも

さっきまで羽が丸まっていたのに、話をしている間にピンとなっていました。
たぶん油蝉かな?
d0099845_03090404.jpg


[PR]

# by 173-castagno | 2017-07-20 02:49 | Comments(0)
2017年 07月 17日

凄い生命力(野草)

早起きしてある場所へ
d0099845_18121100.jpg


ですが、寝坊してかなり遅い時間に到着

5時過ぎ起床

眠い

時間的に寝坊したし、どうしよう・・・


ジーノ173号で5時半過ぎ出発してみることに

6時少し前到着
すみませ〜ん、カスターニョの稲見で〜す

まだいらっしゃいますか〜?


ここは竜南の住宅地にある、ブルーベリー農家の杉山農園

この時期、最盛期に入りアッチコッチ実ってる実ってる
ブルーベリー

d0099845_18121249.jpg



お生い茂っている
扱っている品種は
ブライトウェル、ノビリス、フェスバル
ブライトウェルは育てやすく、粒ぞろいもよく甘みの糖度も安定している。
ノビリスも甘みが強い品種
フェスバルは中粒で噛んだ時の肉弾きもよく、甘みもあり美味しい品種でした。
d0099845_01220955.jpg

d0099845_01221069.jpg


ブルーベリーは繊細な実なので、一粒一粒選んで摘み取ります。

始めから良いものだけを選んで取る、この作業が良いものだけをパック詰出来るとのこと、なんだかネットでも敷いて気を揺すって落とせばと思いもしましたが、葉や傷んだもの実が小さいものも落ちてしまい、選別が大変になり、良いものを直ぐに出荷できなくなるからだと言っておりました。

こうして良いものだけを収穫しても、もう一度選別しA級B級品に分けるそうです。

日が昇る前の作業、日が高くなると体力的に暑いし、ブルーベリーが傷みやすくなってしまいます。
採れたての美味しさ、B級を2kgほど購入してジャムを作り、タルトやジェラートなど作りたいと思います。
肉のソースにもいいかも

収穫作業は30分もしないうちに終了
次回は寝坊せずに行きたいと思います。







さて、まだ7時半過ぎせっかく早起きしたので、以前庭づくりした場所へ行ってみると、一ヶ月でこのありさま

野草の強さには恐れ入りました。
と言っても芝を入れてガーデニングをするつもりではなかったので、なんとなくイメージはこれでいいかと思って見ました。

以前は土を入れたばかりで、表面が乾いてしまい、風が吹けば飛んでしまったり、雨が降れば土が流れてしまいます。

野草の力を借りて土の流失を防ぐ狙い

以前の写真
うちの子が産まれる一ヶ月半前の写真
d0099845_01221053.jpg


d0099845_01221102.jpg


なかなか手入れに来れず、一ヶ月半立つとこの有様

野草の生命力 強し!

庭を持つとはこう言うことなんですね。
常に手入れをしないといけないのだと・・

皆がマンションに移り住むのが少しわかったような気がしました。
d0099845_01221292.jpg

向こうが見えない
d0099845_01221299.jpg



さてさて、暑くなる前に刈り過ぎないほどに手入れを入れて行きましょう。

たくさん、バッタやら小さな虫がいます。
蚊もいっぱいます。



d0099845_01221374.jpg



このぐらいで、良しとしましょう。
とりあえず




おまけ


お願いしていた、オキーフさんのカッティングボード カスターニョの名前入り

パンやチーズを盛るでもよし、前菜やお菓子もOK、食べ物で無くてもアレンジは使う人が考えるカッティングボードです。

d0099845_01221464.jpg






おまけのオマケ

カスターニョのビスコッティ

販売中!

只今、お昼の営業はお休み中ですが、仕込みでお店にいる為、ビスコッティを買いに来ることは出来ますよ!

美味しいですよ〜
カスターニョのビスコッティ


本当に美味しいですよ〜

d0099845_01221543.jpg





[PR]

# by 173-castagno | 2017-07-17 18:01 | Comments(0)
2017年 07月 15日

夏が来ましたね〜





d0099845_14561634.jpg


海の見える場所で食事

出来たらいいな〜

海の家と言えば、焼きそば、焼きとうもろこし、サザエのつぼ焼きなどなどイメージしますが、今日の賄いは真鰯のセモリナ粉焼きと鯵のサラダ、ズッキーニのペーストのクロスティーニにして見ました。
d0099845_14561622.jpg


今日の手仕事

南イタリアのパスタ
オレキエッテとマケロニ、カヴァテッディ
ズッキーニとアンチョビのペーストで合わせて召し上がっていただきます。
d0099845_14561742.jpg


ドライイチジクと松の実のカントゥッチィ
d0099845_14561804.jpg


おまけ
お馴染みのオキーフ ファニチャーさんのカッティングボード

イル カスターニョのネーム入り
パンやチーズ、アンティパスト、フルッタ、ドルチェなどなど、料理以外にも使い道は未知数、使う方が好きなように使っていただけると嬉しいですよね。


d0099845_14561819.jpg


[PR]

# by 173-castagno | 2017-07-15 14:23 | Comments(0)
2017年 07月 08日

いただいて来た食材で

諸子沢

もろこざわ

藁科川上流

安西橋を渡って、藁科街道を進み、富沢地区を過ぎて60号線を右へ入って行きます、大川小中学校を過ぎたその先に黄金みどり発祥の場所がございます。

このような説明で場所の想像はついたでしょうか?


そこでいただいたアマゴを調理して見ました。

そうそうアマゴとは

清流の女王と呼ばれ全国でも多く生息します、と言っても綺麗な清流にしか生息しません

アマゴとマスの違いは、アマゴは川を下らず3〜40cmほどの体型のまま、その場所で大人になります。
どちらも幼魚の時にパーマークが付いていて、下流に向かうものは体型も大きくなり、模様も消えマスとなります。
d0099845_10413287.jpg


ヤマメとアマゴは模様が似ていますが、丸と小判形の黒い模様だけが「ヤマメ」、朱色の丸い斑点のあるものが「アマゴ」です
d0099845_10554251.jpg



d0099845_10413202.jpg




お勉強の時間はこの辺で終わりにし

お料理の写真をどうぞ

アマゴのコンフィ
黄金みどり茶のゼリーと白胡瓜のサラダ仕立て
パリッと芳ばしい仕上がり、黄金みどり茶の風味も焦げとマッチ致しました。
d0099845_10413300.jpg


黄金みどりのほうじ茶をジェラートにしたら最高に美味しく出来ました。
まず、牛乳と洗双糖を沸かし茶葉を入れ5分蒸らしロイヤルミルクティーを作ります。
漉したのちしっかり冷やして立てた生クリーム合わせアイスクリーマーへ入れジェラートをに仕上げます。

d0099845_10413442.jpg

d0099845_10413562.jpg

d0099845_10413544.jpg




おまけ


お店の前にアゲハ蝶
(ナミアゲハ)
山から街など一番目にする蝶々
よく見ると綺麗ですよ
d0099845_10554382.jpg







[PR]

# by 173-castagno | 2017-07-08 09:49 | Comments(0)
2017年 07月 07日

オクシズ 諸子沢の続き

黄金みどりの茶畑から戻ると息子さんの浩光さんが沢の辺りに茶席をもうけて下さいました。
d0099845_00570595.jpg


沢の流れる音とともに黄金みどりの煎茶を水出しでまず一杯



この地の美味しい湧き水で入れる茶はまた格別な味わいでした。

水と茶葉の相性はやはりあるのだと感じた瞬間でした。

3グラムの茶葉に30ccの湧水
砂時計を置いて・・・待つ事5分
口へ含むとなんとも言えない味わい
アミノ酸が豊富に含まれている黄金茶
一杯目は出汁を飲んでいるような感覚
d0099845_00570662.jpg

d0099845_00570630.jpg

d0099845_00570738.jpg



ふとっ料理に使いたいと思ってしまいました。
さて二番はアミノ酸は少なく感じ、茶本来の渋みを舌の上でほんのり感じ始め、三番は更に美味しさの違いが出て来ました。

何番まで行けるかななんて思ってしまいます。

他にもほうじ茶、釜茶、烏龍茶、茎茶などなどいろいろ試して下さいました。

入れ方、蒸し方によりお茶の楽しみ方、好みの茶葉や茶の濃さなど発見がいろいろでした。

d0099845_00570774.jpg

d0099845_00570829.jpg

d0099845_00570987.jpg

もうここまで来ると茶の宴会状態
空気の綺麗な場所と沢の水の流れる音を肴に、茶がこんなに楽しめて心豊かになれた事が嬉しくてしょうがない心境でした。
d0099845_00570933.jpg


お茶に酔えた時間でした。

そして、もう一つ勉強になってしまったお茶がありました。
酔えるお茶です

茎茶をいただいたのですが、茎茶にはカフェインが多く含まれる為、入れたお茶の蓋を嗅いだだけでクラっときて、口に少量含んだだけでもクラっとっと来てしまいました。
今の私の体調では茎茶は好みでないのかも知れません、アルコールやカフェインで酔うより、シュチュエーションで酔える方が好みなのかも知れません。
d0099845_00571014.jpg


朝から半日お付き合いしてくださり佐藤様、本当にありがとうございました。



おまけ


お父様が趣味で育てている諸子沢産のアマゴ
桜鱒?との掛け合わせなので身体の模様もピンクがかっていました。

d0099845_00571198.jpg



只今、カスターニョにて黄金みどりの茶葉風味のコンフィとしてお出ししております。

数に限りがございますお早めに







[PR]

# by 173-castagno | 2017-07-07 00:20 | Comments(0)
2017年 07月 06日

オクシズへ

静岡市の奥?
よく聞くオクシズ
どの辺からどの辺までオクシズなんだろう?
・奥大井
大井川上流部南アルプスユネスコエコパークの移行地域
・奥藁科
藁科川上流部清沢地区、大川地区周辺
・安倍奥
安倍川流域で梅ヶ島地区、大河内地区、玉川地区等
・奥清水
興津川流域の両河内地区、庵原地区、由比の山間部、入山地区など

この4つの総称をオクシズと言うそうです。

それで、今日はその一つの安倍奥の諸子沢地区へ行って参りました。

ジーノ173号で約1時間ちょっと、遠いようで以外に近い、沢が綺麗な印象の場所です。
昨年、あるお客様からいただいたお茶と茶畑の一枚の写真、そこでは突然変異で出てきた金色の茶葉を、30年ほど前に旦那様が植樹して増やしていったのがきっかけ、茶畑一面が金色に覆われます。

新芽が出て来て日照時間が少なかったり、陽射しが強すぎたりすると葉が焼けてしまったり、玉露などに使う黒いシートを覆ったりしてしまうと緑色に戻ってしまうそうです。
繊細な茶葉なのです。
葉を違う土地へ持っていって植樹すると金色には出ないそうです。

この諸子沢の気候や地質が影響するのでしょうね。
これこそ、土地に根ずく在来種と言えるのかも知れません。

d0099845_09144446.jpg

これは原木
これから植樹しないと薄い葉になっていってしまうそうです
d0099845_09144528.jpg

新茶は刈り終わってしまい、今は二番茶が出番待ち
d0099845_09144506.jpg

一面覆われると
こんな感じ
d0099845_09144681.jpg

山の中の山の奥です
お父さんが40年ほど前までここに家を建て住んでいたそうです。
d0099845_09144777.jpg

道は50年ほど前に人力で切り開いて作ったそうです
d0099845_09144716.jpg

住んでた家
d0099845_09144849.jpg

植樹をして増やしているそうです
他の品種も育てているそうです、製造行程は煎茶や白茶、烏龍茶などいろいろ
見学後に息子さんがいろいろ試飲をさせて下さいました。
それも、心落ち着くある場所で(^.^)
d0099845_09144884.jpg

お父さんの先祖はこの地でお城の狼煙をあげる仕事についていたとか、島田の方に見える尖った高い山にも狼煙をあげる場所があったそうです。
写真右上

d0099845_09274913.jpg

お茶の試飲の様子は次のブログで




おまけ

この車は50年ほど前まで乗っていたダットサン
遺産ですね
d0099845_09274947.jpg







[PR]

# by 173-castagno | 2017-07-06 00:49 | Comments(0)
2017年 06月 28日

梅雨時

食材いろいろ

ひさびさにイタリア地方パスタを作って見ました。

何年前ですかね〜?7、8年前に訪れたイタリアで2番目に大きい島サルデーニャ島、日本の四国より少し小さい島、そこで食べた麦穂状のラビオリパスタ、そこでは羊のリコッタチーズが包まれトマトソースで食されていました。

静岡で生産量の高い三方原のジャガイモを使ってラビオリを作って見ました。
水、塩、バターで茹でて行き粉吹き芋状態まで煮て行きます。
水分が飛んで飛んで粉状になったら卵黄とパルミジャーノチーズで味と硬さを調節して仕上げます。
セモリナ粉で作ったパスタに餃子を包む様に閉じ込めて仕上げます。

なんと久々すぎて包み方を忘れてしまった私、当時どうやっても包めず何度も何度も作っていました、ある日夢に包み込む流れを見て、その日に作って見ると包み込む事が出来ました。
そんな苦労してできる様になったのに忘れてしまい、また夢を見ないと出来ないのかと思っていましたが、五つ目で指先が覚えていてくれました。
いや〜良かった良かった。
d0099845_14493966.jpg

d0099845_14494071.jpg

d0099845_14494067.jpg



もう終わりに近いですが、青梅のジャムを作りヨーグルトと青梅のジェラートを作って見ました。
梅の酸味にヨーグルトがベストマッチ
美味しく初夏のジェラートにピッタシです。
d0099845_14494195.jpg

d0099845_14494258.jpg


小さな鮎も頂いたので、甘酸っぱい甘露煮にして見ました。
前菜のおつまみでお出ししますね。数に限りがございます
d0099845_14494238.jpg




ジメジメとした梅雨時
お家でソーメンなど食べて食事を済ましてしまうのなら、是非カスターニョへ前菜、パスタ、ワインの組み合わせで食事にお出かけ下さい。
新人田村くんとお待ち申し上げます。




おまけ

今日は家族で初ドライブ
お気に入りのパン屋さんまでお買い物
1時間のお出かけで疲れてしまった我が子は、ぐっすり夢の中
たぶん美味しい焼きたてのパンの香りに包まれ、パンの雲にのって小さな冒険に出ているかもです。


[PR]

# by 173-castagno | 2017-06-28 14:19 | Comments(0)
2017年 06月 18日

時間と空間の食卓(朝食編)


6/18(日)の朝は豊かな気持ちと楽しい時間を得る事が出来ました。

以前、皆様にご報告致しました、景色と食事でスローな時間を得る朝食食事会、お天気にも恵まれ開催する事ができ幸せな食事時間でした。

開催にあたってご協力いただいた、三島のフードカルチャールネサンスの皆様とオキーフファニチャーご夫妻の平盛様には感謝の気持ちでいっぱいです。

今朝は遅刻をしたくないので眠い目をこすって4時に出発、向かった先は箱根西麓のフードカルチャールネサンスさんの畑です。

到着5時半・・・早すぎた

この日の朝はチョット肌寒い陽気、日の出は見れませんでしたが、富士山を拝む事が出来超満足です、さらに朝早い時間は四方から野鳥たちの鳴き声が聞こえて来て、気持ちがウキウキとなって来ました。
がチョット眠かったので草の上でひと眠り、草の匂いに野鳥たちの鳴き声を聞きながら、今日の流れのイメージトレーニング
皆、喜んでくれるかな〜


d0099845_10020277.jpg

まずはフードカルチャールネサンスの鈴木さんによる農園案内、この土地の特徴や土壌の性質、箱根西麓の環境の風土、この時期の苗の定植や収穫出来る野菜、このあと夏野菜に切り替っていく野菜の種類など、普段食べに来るお客様には、見て聞いて感じ実感して頂き、楽しんでもらえればと企画して見ました。
d0099845_10020393.jpg

d0099845_10020432.jpg

d0099845_10020498.jpg

ジャガイモの花
近くには養蜂の巣箱も置かれ、畑で咲く花々やハーブの花などの蜜を採取します、さらに蜜蜂により受粉の手助けにもなり、植物と昆虫の役割なども勉強する事が出来ます。
畑の周りには野草も多く生えています、小さな昆虫達もあちこちで顔を覗かせ、土作りに精を出します、野草が生えている事で土の乾燥も防ぎ、栄養も蓄える事が出来ます。
さらに昆虫がいると葉に着く悪い虫も退治してくれたり、野鳥達も虫を食すために集まって来ます。
小さな環境のサイクルです、持ちつ持たれつの関係で美味しい野菜も育ち、このあとの食事も鳥の鳴き声の中、楽しい時間を過ごす事が出来ると言うわけです。

d0099845_10471484.jpg


ちょっとお勉強のあとは、楽しい朝食を用意し畑の野菜達に囲まれ、地元静岡の富士山と駿河湾を望んでの食事タイムになります。

私も食事の前に僭越ではございますが、この日の朝食会の思いと、日頃お世話になる生産者さんとお客様に感謝を述べさせて頂きました。
d0099845_10471575.jpg

そして、食事に欠かせないのがその料理を引き立たせてくれる、テーブルやお皿です。
自分のお店でもあるカスターニョ(栗の木)、木のある雰囲気や生活が心を落ち着かせてくれます。

この日は、テーブルにクロスなどは敷かずに木の温もりも味わいながらのゆっくり時を過ごしてもらう事を望みました。
d0099845_10471505.jpg

フードカルチャーさんで育ったお野菜に、この日はハーブを中心としたメニュー構成

バジルにタイム、オレガノ、フェンネル、ディル、カモミールにミントなどなど、ハーブに食材を引き立てて頂き、初夏の香りを楽しみました。
d0099845_10471673.jpg


オレガノと塩、オリーブオイルをまぶしてゆっくりローストしたセミドライトマト
香り豊かなバジル類(スィートバジル、マイクロバジルなどなど)を散らし、最近塩麹を作り生クリームに混ぜて作った塩麹パンナコッタ、モッツァレラとまではいきませんが、カプレーゼ仕立てで仕立てました。
カッティングボードはオキーフさんに作ってもらったカスターニョの名前入りのお皿です。
d0099845_10471654.jpg

二種類のズッキーニとシラスのトルタ
駿河湾で水揚げされた背黒イワシのエスカベーチェ(南蛮漬け)、玉葱とフェンネル、間引いた人参の葉をたっぷりと添えました。

手前は間引き人参とこの季節の甘夏、先週採取した蜂蜜も使って人参とハチミツのスープ
d0099845_10471737.jpg

ローストして甘くした黄玉葱とオーブンで干した間引き人参のピクルス
ビネガーとエキストラオリーブオイルで
d0099845_10471832.jpg

綺麗に盛り付けて食べて下さったお料理
パンは蜂蜜と胡桃とレーズンのカスターニョ特製里山パン
d0099845_10471810.jpg

フェンネルで塩水に浸け込んだ、豚ハムと30ヶ月熟成のパルミジャーノチーズ
d0099845_10471987.jpg

他にも天城の軍鶏を使ったコンフィと自家製ヨーグルトの香草ソースなどなど、沢山の味って頂きました。
景色や初夏の風や香りを感じながらの楽しい会話、初めて会うもの同士でも一つのテーブルを共にすると生まれる会話、今回は生産者さんから私達、お客様が一緒に席に着く事で、繋がりがより太くなったと感じました。
大切な事ですね

d0099845_11032593.jpg

甘夏とミントのカスタードのタルトとカモミールとミントティー
お土産ビスコッティ
d0099845_11032529.jpg


d0099845_11032618.jpg

いや〜ホント楽しい食卓でした。
d0099845_11032738.jpg


場所とお野菜を提供して下さったフードカルチャールネサンスの皆様、テーブルや椅子、カッティングボードなどを提供して下さったオキーフファニチャーの平盛ご夫妻、参加して下さったお客様には心より感謝致します。

また、このような会が開催される際は、是非ブログを見ているお客様、ご参加下さいませ。

次は駿河湾に沈む秋の夕暮れがいいな〜






おまけ
お手伝いに来てくれたカスターニョの田村くん、ありがとうございます😊
d0099845_11032710.jpg






もちろん彼も一緒に食事をしましたよ。












[PR]

# by 173-castagno | 2017-06-18 23:14 | Comments(0)
2017年 06月 12日

田植え 後編 食事


キャラバン小野田氏は鹿肉のつくね
スパイスとソースが抜群に美味しかった
火加減ちょうどいいあんばい

d0099845_01161187.jpg


藤岡君は身体を張った料理
稲藁のタタキ

豪快です、街中やキャンプ場では出来ない火加減
d0099845_01161298.jpg

だけど繊細な料理
d0099845_01161293.jpg

私めはお馴染みのパスタ料理
鹿肉のラビオリと三方原のジャガイモパン
d0099845_01161323.jpg

d0099845_01161476.jpg

人だけではなく、犬達も並んで待ってくれましたよ!
d0099845_01161413.jpg

さらに河崎シェフは鹿肉のカレーです
コクと旨味・辛みのバランスが最高ーです
d0099845_01161528.jpg


みんなでワイワイおしゃべりしながら
楽しい時間です。
この後すぐに静岡へ戻り仕事ですがね
d0099845_01161538.jpg


d0099845_01161645.jpg

子供達にカスターニョのビスコッティも
持参いたしましたよ。
喜んでくれたかな?
d0099845_01161730.jpg



この日の天気は晴れすぎず、程よい曇りと心地よい風が吹いていて楽しい会になりました。




さぁ、来週の日曜日は朝から食事のイベント

三島のフードカルチャーさんの畑にて
岡部のオキーフさんのテーブルとイスで
畑コラツィオーネです。


フードカルチャーのお野菜と景色と空間
オキーフ・ファニチャーのテーブルと椅子・料理ボード
カスターニョのお料理でお客様と朝の時間を共に致します。

大切な食事の時間をもっとみんなと・・




あ〜清々しい朝でありますように





楽しみだな〜

[PR]

# by 173-castagno | 2017-06-12 00:51 | Comments(0)