巴町の大きな栗の木の下で

ilcastagno.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:カスターニョの小さな旅 山陰の冬 ( 7 )


2017年 02月 24日

カスターニョの小さな旅 冬の山陰編 5日目

今日は最終日


昨夜の外は雨と強風
これぞ日本海と思っていましたが、春一番だったそうです。
春一番の規模が違いますね。
静岡でいう台風並みの風の強さです

午後の電車なので、朝大山で気になるパン屋さんへ行き、大山が見える展望台でお昼タイム
また貸し切りです

d0099845_15262634.jpg

カラス天狗
d0099845_15262789.jpg


d0099845_15262749.jpg

d0099845_15262865.jpg

山間部はまだ雪が残っていますが、麓にはほとんど雪もなく春がそこまでって感じです。
d0099845_15262832.jpg

d0099845_15262901.jpg


ノープランの旅でしたが、またまたいい出会いがありました。


おしまい
d0099845_15262940.jpg


[PR]

by 173-castagno | 2017-02-24 15:06 | カスターニョの小さな旅 山陰の冬 | Comments(0)
2017年 02月 24日

カスターニョの小さな旅 冬の山陰編 4日目

さて朝しっかり朝食を食べた後、江津市に向かいました。
130km 道中なんとか無事に着く事が出来ました。

石州瓦でも有名な地域
石州 嶋田窯さん

d0099845_12591161.jpg

三代目のお父さん
昭和10年から始まり、当時は瓶作りが盛んで繁盛したそうですが、戦時時中に一度窯を没収されたそうです。
2代目では上下水道の普及に伴い瓶の需要が無くなり、民芸品に切り替えたのだとか、更に3代目では日用品から芸術的作品に切り替わっていっているそうです。
使う側の求めるもので、作る物も切り替わって行く事が時代の流れなのかもしれません。

その中から作る技術などが文化として残るのかとも感じました。
d0099845_12591249.jpg

登り窯に使われる煉瓦、厚く熱伝導が悪いので窯の中の温度が低くならないそうです。
一般の耐熱煉瓦では温度が逃げやすく、マキを多く使ってしまうので、窯作りも煉瓦作りからしなければいけないそうです。

登り窯の火入れは年5回ほど、さすがに雪降る季節は手がかじかむのと火入れの温度が上がらない事と冷めるのに急激に冷めてしまい凍ってしまうので、物にならないそうです。

最初は話しにくい癖のあるお父さんかと思いきや、いろいろと窯や器について詳しく教えていただきました。

作業中でしたのにありがとうございました。
d0099845_12591314.jpg


さてさて、お昼時カフェ 「風のえんがわ」さんへ訪問

駐車場から続く小道と古民家を取り囲む雑木がなんともいい

二階からお子さんが顔を出してお出迎え、入り口の広い土間がカフェスペースにもなっていたり、入り口横のスペースはブックスペース、手作りの薪ストーブが中を温めていました。
中へ上がると10畳ほどの部屋を二つ広く使い古い卓袱台に縁側には机が並べてありました。
旦那さんは赤ちゃんをおんぶして調理中、笑顔が目に焼きつく印象の方です。
オーダーも奥様が取りに来てくださり、これまた絵に描いたような笑顔が素敵な奥様

いやいや、いい空間作りをしているご夫妻、食べるものから飲み物まで、地元のものや自然に近い考え方、子供の取っても安心できる食べ物と空間、とても穏やかでいい空間です。

d0099845_12591416.jpg

d0099845_12591478.jpg


d0099845_12591516.jpg

注文はカレーを頼み昼食を満喫しました。
野菜もたっぷりで少しスパイシー
なんか、スゲーいいって思っちゃいました。
ここぞ、食事や会話を楽しむ空間って
d0099845_12591699.jpg

ハッサクのタルトも美味しいし、コーヒーも近くの方が焙煎したコーヒー豆
なみなみ入ってくれ、ゆっくりできます
d0099845_12591613.jpg

旦那さんに手を休めていただき、いろいろとお話しをうかがっちゃいました。
こちらに来たきっかけ、楽しい事、面白い事、今は味噌造りや醤油も作っているそうです。
ヤギもお出迎え
d0099845_12591799.jpg

若々しいですが、私よりいくつか歳上です。
いろいろありがとうございました。
また、遊びに伺います、今度は3人で!
d0099845_12591835.jpg



他も寄りたいところがあったのですが、時間がなく今回は断念、暗くなる前に米子に戻るとします。


[PR]

by 173-castagno | 2017-02-24 12:30 | カスターニョの小さな旅 山陰の冬 | Comments(0)
2017年 02月 23日

カスターニョの小さな旅 冬の山陰編 3日目


朝、٩( ᐛ )و 日の出です


やばい寝過ごした

昨日、港の漁が早かったので、3時半4時半ぐらいに起きて、窓の外を見ていたのですが、始まっている気配がないので、また寝たら寝坊しました。

d0099845_01083197.jpg

海の向こうに見える大山

美保関から海を挟んで見える大山(伯耆富士)
清水の三保の松原から駿河湾を挟んで見える富士山
なんか共通するものがあるような・・・・
d0099845_01083281.jpg

ほとんどが地元の旅館さんが買う分と箱詰めされてトラックに、唯一水槽に入っている活きの真鯛、ヒラメ、鱈、他を見る事が出来ました。
身の付き具合と大きさが静岡のものとは、やはり違うような、冬の日本海の荒波と海流、海水温の違いと豊富なプランクトンの違いなのか、身のつき方美味しそうでした。

d0099845_01083298.jpg

白いかの干物
おばちゃんが裁いて干していましたが、手際の良さに圧巻です。
d0099845_01083396.jpg

もう一度、参拝とここに来れたお礼をしに美保神社へ
d0099845_01083432.jpg





境港で松葉ガニをお世話になっている親戚の方々へ

おばちゃんに、蟹の良い見分け方をいろいろ教わりました。
身の詰まっているもの、生きの良い物など
買い上げた物が生きが良いかツンツンして確かめていると、お恥ずかしい事に指を挟まれてしまいました。
出川哲◯かっていうぐらいの情けなさでした。┌(; ̄◇ ̄)┘🦀
自分で外す事が出来なかったので、活きが良い事が確かめれました。ε-(´∀`; )

補足ですが蟹マケてよっておばちゃんに言ってマケてもらいましたが、蟹のセリは週3回ほど漁場は北朝鮮の沖合近くまで行くそうです。年に境港だけでも何人か亡くなられる方もいるそうで、命がけの仕事なのだと改めて思いました。
さらに仕掛けた道具や取れてる蟹を、中◯船籍が仕掛けごと持って行ってしまうそうです。いろいろな問題を抱えているそうです。毎日パクパク蟹を食べてしまいましたが、常に感謝ですね。



その後、ノープランでいた為、このあと何をして良いのか悩んでしまいました。

導かれるように、皆生観光センターへ
行ってみると

鳥取 島根の方々の民芸品や現代に合わせた文化の作品が展示してあり、たくさんの作り手さんの作品がありました。


一つ一つ手にとって見ていると、これいいなーと思う器がありました。

工房に見に行きたいと場所を確認すると、島根県江津市?
前回の旅で時間が足りず行けなかった地域で、米子からだと約130km、島根は縦に長いし高速は途中までしかないし・・・遠い

朝ゆかちゃんが手にとったパンフレットに、行って見たいカフェがあったと言ってたのも江津市、凄い偶然呼ばれているのか?

ん〜遠い
初日に財布を無くし取りに行った岡山→広島で160km、富士→浜松で120km

明日もノープラン・・・明日行って来ていいかと相談して、お店の方に連絡を取っていただき、工房へ伺うこ事にしました。

カフェに行きたいと行っていたゆかちゃんは体調考慮してお留守番

d0099845_01083417.jpg




その夜は、ゆかちゃんの学生時代の友人と会い結婚のお祝いにお寿司屋さんに

何年ぶりだろ
いろいろな一品料理を食べた後、最後に握りが、贅沢な日々です。
さらに嬉しいお知らせもお二人から聞いて、お寿司が2倍美味しく感じました。
おめでとうございます。
お互い頑張りましょう

d0099845_01083574.jpg


d0099845_01083558.jpg


[PR]

by 173-castagno | 2017-02-23 23:59 | カスターニョの小さな旅 山陰の冬 | Comments(0)
2017年 02月 23日

カスターニョの小さな旅 冬の山陰編 2日目-2


この日は美保関参拝後に、美保関灯台、北浦海岸など行って来ました。
白い砂浜に穏やかな入江、雪の日本海のイメージは全くありませんでした。
この辺はすぐに溶けてしまったそうで、雪景色をチョット期待してしまいました。
d0099845_23582292.jpg

この地域はこのような入江がいくつもあります。
ただ、見たところではほとんどが防波堤や港が作られ、砂浜だけの入江は無くなって来てしまっているように思えました。
d0099845_23582278.jpg

浜沿いに住み畑仕事しているおばあちゃんと話をしました。
雪の日は大変だったみたいです。
今は大根と芋を作っているそうです。

d0099845_23582305.jpg

おじいちゃんが、何か集めているので聞いて見ると、打ち上げられた海藻を集めて畑の肥やしにするのだそうです。
玉ねぎが大きく育つんだ、と言っておられました、他にもハングル文字のゴミなどが多く流れ着くので掃除も大変だそうです。
d0099845_23582431.jpg

先週は他の浜に危険な薬品の缶が何本も漂流したそうです。
大きな問題のようです、綺麗な海が汚れるのと、今だに夏に来る海水浴がゴミなどを置いてってしまう事が問題だそうです。
d0099845_23582437.jpg


島根などは石州瓦が多く使われ、文化が多く残ると共に街の景観が保たれていて、他の地域に住む私達からすると、とても羨ましくもあります。
大きな街に住んでしまうと、便利な住まいが優先で、高いマンションに住んだり、個々のデザイン性が先に来てしまい、周りとの協調性が失われています。
静岡も高いマンションばかりが立ち並び、緑の無い色気のない街になって行ってしまっているように思えてしまいます。
d0099845_23582540.jpg


d0099845_23582652.jpg


お昼はまた定食屋で蟹尽くし

d0099845_23582677.jpg

操業中の船

鳥達が群れているのを見ると、大漁なのかな?
d0099845_23582787.jpg


夜も蟹
昨日松葉ガニをいただきましたので、今日は紅ずわい蟹です。
もちろん、こちらも美味しくいただきました。ご馳走様でした。
d0099845_23582769.jpg



[PR]

by 173-castagno | 2017-02-23 20:36 | カスターニョの小さな旅 山陰の冬 | Comments(0)
2017年 02月 22日

カスターニョの小さな旅 冬の山陰編 2日目


朝6時半に港へ水揚げを見学に行くと人はいるけどまだ始まってない感じ?


山陰の凜とした空気を感じながら朝の散歩、チラリチラリと雪が舞い降りました。

寒いけど震える寒さは無く、手先は動かなくなりましたが、どこか春の気配を感じる空気を感じました。
d0099845_17443730.jpg

港の人に水揚げはまだか聞いてみると・・

3時半過ぎに漁に出て4時半ぐらいに終わったよって
早すぎですよね

とりあえず朝食まで、またぶらり散歩

ここは天然石を敷き詰めた通りです。雨に濡れると石が青く光るため青石畳通りと呼ばれているそうです。
d0099845_17443831.jpg

家と家の空いた場所に畑を作り、この時期は皆大根を植えていました。
d0099845_17443894.jpg

朝食は別館、国文化財の指定されている館にて朝食、昨夜と今朝はなんと貸し切り、毎回の旅行でいつもの貸し切りになってしまいます。嬉しいですけど
d0099845_17443934.jpg

d0099845_17444078.jpg

d0099845_17444002.jpg


宍道湖産シジミの味噌汁
d0099845_17444168.jpg

朝食後に近くの美保神社へ、朝のお務めを見に行くのと安産祈願へ行って参りました。
d0099845_17444104.jpg

神主さん達による祝詞に巫女さん達による舞 毎朝8:30からと午後3:30から見る事が出来ます。
夜中にも地域の方々が三年周期の交代で毎日のお勤めがあるそうです。
d0099845_17444246.jpg


参拝中の時間だけ太陽が出ており、朝の寒い背中を暖めていただけました。
d0099845_17444326.jpg

安産祈願の丸い石に御祈祷
d0099845_08244247.jpg


d0099845_08244382.jpg






[PR]

by 173-castagno | 2017-02-22 17:26 | カスターニョの小さな旅 山陰の冬 | Comments(0)
2017年 02月 21日

カスターニョの小さな旅 冬の山陰編 1日目


岡山より特急やくもに乗車



d0099845_23504653.jpg

雪降る山間部を通りましたが、数日前にニュースで聞いた雪の凄さ程積もっていません。
この日の私は雪景色の山陰の海をイメージしていました。
d0099845_23504632.jpg

米子で下車
予定より2時間程の遅れで到着
思ったより早かった٩( ᐛ )و
カニ🦀カニ🦀が迎えてくれました。
d0099845_23504710.jpg

境港から美保関へ向かう途中、日本一急勾配な橋を渡って来ました。
d0099845_23504853.jpg

夕方6時 美保関に到着
イメージしていた、雪は積もっていません
海の向こうに望む大山(伯耆富士)は雪に覆われ、どっしりと構えております。

宿の外
d0099845_23504863.jpg

松葉ガニ
生で食べて半分しゃぶしゃぶ、そして締めは雑炊
d0099845_23504920.jpg

紅ずわい蟹
甘味もありみずみずしい食感と味わい
d0099845_23505065.jpg

ご馳走様でした



おまけ
d0099845_23505196.jpg


[PR]

by 173-castagno | 2017-02-21 23:10 | カスターニョの小さな旅 山陰の冬 | Comments(0)
2017年 02月 20日

カスターニョの冬休みです

d0099845_22595356.jpg



先日、カスターニョと長島酒店さんとの最終回となるワイン会も無事に終え、4年半程で20回を開催致しました。

そして、2/20月曜から24日金曜日まで、カスターニョは冬休みに入ります。
日曜日もありがたいことに忙しい1日で終え、掃除にゴミ捨てなどしていたら夜中の2時近くになってしまいました。
なんとゴミ捨て場所まで車GINO173号でゴミを運んでいる途中、ゴミ袋に穴が空いており、トランクは涙がでる状況になってしまいました。
夜な夜なお掃除、精神的体力的に疲れはて就寝、朝は5時半起床始発の新幹線へ無事に乗ることが出来ました。(o^^o)

さぁ〜カスターニョの小さな旅が始まりました。
昨日の疲れで頭がボーとした状態で、目的地に向かうため途中下車、ここまでは良かったのですが、今回の旅はなんと!

なんと!

なんと!

出だしからハプニングが起こってしまいました。

岡山下車でしたが、ただいま私だけ再度新幹線へ乗り一人広島へ向かっております。

乗車券拝見後、財布を椅子のどこかに落としていた模様

すぐに駅員さんへ連絡をして、30分後程で見つかった連絡が届きました。
ありがたいです。

切符、現金、カード、免許証などなど
全て無いと身動きが取れない事に改めて不安に陥りました。

まあカード、現金が無くともユカちゃんに借りればいいかと思っていましたが、免許証が無いと借りるはずのレンタカーすら乗れません。

いやー見つかって良かった〜

こんな形でまた広島に来るとは思ってもいませんでした。


そろそろ、広島駅に到着です。


旅行記は毎日更新するつもりですので、どうぞご覧ください。

ワイン会のブログは、また後日に掲載いたします。
[PR]

by 173-castagno | 2017-02-20 10:19 | カスターニョの小さな旅 山陰の冬 | Comments(0)