巴町の大きな栗の木の下で

ilcastagno.exblog.jp
ブログトップ
2018年 05月 20日

嬉しい出来事と悲しい出来事

【世代交代】
若き と 老い
進化 と 退化
立ち上がる と 寝転ぶ
d0099845_00485930.jpg

などなど、対義語がありますが、我が家でもこの様な言葉が当てはまってしまう出来事がおきました。

本日、お昼過ぎにしゃがんだ拍子に背中の筋に痛みが、大丈夫かな〜なんて思っているとジワリジワリ、ジワリジワリとアレが足音を立てて近ずいてきました。

昨日、我が息子 ○之助が、どこにも捕まらずに一人立ちを果たしました。
自らウ〜〜ゥ〜と踏ん張り、立ち上がったのです、生まれてすぐに立ち上がる動物と違い、人間は一年近く時間がかかる動物なのだと実感しました。
その後、良くやったと大きな声で一緒に喜んでやると、性格上お調子者なのか、お父ちゃんが喜び褒めると何度も同じ行為を繰り返し始めました。
その数約30回ほど、先ほど立てたばかりなのにコツを掴むと、簡単にこなしてしまうこれが人間の学習能力なのだと、人間って凄いって思いながら、お父ちゃんも悠之○の態勢を真似てやって見ましたが、よく前かがみから立ち上がれる物だと感心しました。(実際私は出来ませんでしたが、この行為が後々痛い目に会う事になったのかもしれません)

そして昨日に続き今日は、なんと立ち上がったと思ったら、二歩三歩と歩き出し五歩も歩き出しました。
昨日の様に大きな声で喜んであげたかったのですが、悠○助が歩いているその横では、私軽いギックリ腰の為に寝そべって身体を癒していました。

「進化する若きがいれば、退化する老いがいる」歩き出した人間と寝そべっている人間
なんだか溜息をはいてしまうぐらい、自分の事に悲しさを覚えました。

さてさて、私夕方には店の準備と仕込みの為、腰にはキツく締めたコルセットに登山用の杖を片手に店へと向かいました。

ほんの数ヶ月後には歩くスピードを我が息子に抜かれてしまうんではないかと、杖をつきながら老いていく自分に悲しさを覚えました。

そのうち悠○助の空気機関車🚂はお父ちゃんが使う羽目になるかもです。
ポポポポ    ポッポー!

もしそのうち街で汽車を押す私を見かけたら声をかけ励ましてあげて下さい。
d0099845_00483058.jpg




おまけ


玉取の椎茸と鴨肉のペーストを包んだトルテッリ
d0099845_00541353.jpg
食パン三兄弟
d0099845_00542226.jpg



おしまい



[PR]

by 173-castagno | 2018-05-20 00:00 | Comments(0)


<< お豆達集合      いろいろなタイプの癒し >>