巴町の大きな栗の木の下で

ilcastagno.exblog.jp
ブログトップ
2018年 10月 23日

ティジェッレと夕べ


Tgelliera ティジェッリエーラで焼くティジェッレ別名クレシェンティーノとも言います。
モデナ地区の伝統的パンです

ガス台にて2、3分づつ裏表を焼くと
d0099845_14080715.jpg

こんな感じに仕上がります。
イタリア版今川焼きですかね!
d0099845_14081399.jpg

間に生ハムや野菜チーズなど挟んで食べる、昔のファーストフードといった感じです。

本日の賄いでした
生ハムとチーズ
シラスと大根葉のペースト
煮込みに使ったチーズの端を焼いたお焼き
d0099845_14082157.jpg


おまけのはなし





昨日はお休みで、◯之助の保育園の遠足でした
お弁当持参という事でしたが、お父ちゃんだけ一緒に行くことが出来ません、お父ちゃん人間ドックの予約を入れていました。残念
人間ドックの結果はまた後日郵送で知らされるそうです。どうなるかな〜
d0099845_14093833.jpg


遠足から戻った悠◯助はいったんお昼寝

夕方に護国神社にて秋の夕べ
雅楽の演奏会が開かれました、どこでこのような開催の情報を得たかというと、もちろんSNSに疎いわたくし、町内会の回覧板にお知らせが入っていました。

悠◯助くん、最近やっと御賽銭の小銭を入れれるようになりました。
チャリン!
d0099845_10264185.jpg

夕暮れの秋空

d0099845_10264850.jpg

日も陰り秋の虫達が一斉に鳴きだし、東の空からは十三夜のお月様が顔を覗かせ始めました。
d0099845_10265449.jpg

この日は森町の小國神社から雅楽の舞を執り行われました。

ここはいつも悠◯助と一緒に遊んでいる、護国神社の境内の広場、舞台が置かれなんとも神秘的な空間となりました。

演奏を聴くのに無料にもかかわらず、席も用意されており、家族三人ゆっくりゆったりとした時間を過ごせました。
d0099845_14550244.jpg

松明の炎の舞は冷えた身体を遠くからでも温めてくれます。
d0099845_15023321.jpg

d0099845_15023800.jpg

◯之助くんも真剣に聴いてくれます。
皆が拍手すると一緒に拍手します。
d0099845_15045764.jpg

次の舞を披露する神様?
d0099845_15050230.jpg
d0099845_15074028.jpg
この日はまだまだ、他の演舞があったのですが、大人の都合で楽しんではいけません。

そろそろ悠◯助くんはおうちに戻り、お風呂と夕飯、眠りにつかなければなりません。

少しの時間でしたが雅楽の音色と虫の声、松明の炎の弾ける音に癒されました。

23日の夜には手筒花火が催されるようですよ。
仕事終わりに皆さま立ち寄って見てはいかがでしょうか?

ありがとうございました。

d0099845_15074423.jpg


さて、護国神社の森をくぐり家路へ向かいます



あっ!現実の空間に戻った!

d0099845_15145964.jpg


[PR]

by 173-castagno | 2018-10-23 10:24 | 日々の日記 | Comments(0)


<< 秋のお料理      秋空の出来事 >>