人気ブログランキング |

巴町の大きな栗の木の下で

ilcastagno.exblog.jp
ブログトップ
2019年 09月 24日

前回のリフォームの続き 小さな港町

前回の続き






住居側のビフォーアフターの途中経過の お話し


床の下材、壁と天井には断熱材も入れていただき、古い家が好きでも寒い家は苦手なちょっと矛盾している私ですが、昔住んでいた木造アパートの部屋とお風呂の寒さを思い出すのはやはり嫌なものです。


床材には栗板(カスターニョ)を使用してもらいました。
下板と天井は杉板を使用してもらい、洋風過ぎないよう、土間と合う落ち着く雰囲気にしてもらいました。



玄関を入ると奥の倉庫があった場所にはお風呂も設置され、外にあった倉庫へは中からも行き来してもらえる様にアイデアをいただきました。
下板の杉材の板の上に栗材の板を並べてもらいます。
d0099845_01131678.jpg

壁には下板をはり今後珪藻土を塗っていきます
天井も張られ少しずつ空間が整って来ました。

d0099845_01134083.jpg





土間からのキッチンへの空間は
この時点ではまだ向こうまで見渡せる骨組みだけ、向こうの空間がお店側になります

d0099845_01115282.jpg

いつも顔を出す度に徳◯さんからは部分部分の最終決定を聞いてくださり、やはりここはこんな感じに変えられますか?という問いかけも親身に聞いて下さり、形にしてくれます。

これだけ住む人のわがままを聞いてくださり、考えてくださる方はそうはいないと思います。
とても感謝ばかりです。


d0099845_01120173.jpg




天井が張られると一気に部屋らしくなり、天井が外の光を吸収して、部屋全体を明るくしてくれます、さらに住むイメージが湧いてきます。

d0099845_01121066.jpg





キッチンのイメージ図です


d0099845_01255617.jpg


由香ちゃんの背の高さや動きやすさ、キッチン下の扉のない取り出しやすく整理しやすい、棚も徳◯さんのお付き合いのある建具屋さんに作っていただきました。

床と同じ無垢の栗材を使用してもらい
既製品ではないので使うワクワク感が嬉しくなります。
d0099845_01260756.jpg

飴色の引き出しは、取り壊す前に何かに使えるのではと、この家で長く使われていた色が褪せたタンスの引き出しを取っておきました。
その古い引き出しを半分に切って、このキッチンの引き出しにしてみればとアイデアを頂き、使ってもらいました。
使い込まれた金具がとても引き出しやすく、とても由香ちやんは気に入っていました。

栗材は水跳ねや汚れに対応する為に油脂でコーティングを施します。
d0099845_01261876.jpg

ガス台はある雑誌に載っていた料理研究家が使用していたガス台を由香ちゃんが気に入り、調べたら静岡(東京)ガスグループが販売していたものだったので、カスターニョにもよくお越し下さるお客様に相談して販売していただきました。
d0099845_01262335.jpg

とてもシンプルなデザインでオーブンの引き出し具合も使いやすく、何よりイタリアチックなデザインがとても気に入っていました。

d0099845_01410502.jpg


途中経過のお話しでした。
続きはまた








おまけ



二階のまだ畳が張られていない床下にあった約47年前の新聞

上皇后様が皇太子ご夫妻当時の記事もあり、この様な記事は中々読む機会がないですよね

d0099845_01472571.jpg

こんな車、親父の若き頃の写真に写っていた様な
d0099845_01473976.jpg

モハメド アリとアントニオ猪木の格闘技記事
これも読んでみると面白いですね。

リフォーム中の家にも今の新聞を挟んで入れておこうかな?
悠◯助達が大きくなった時に読み返す事があるかも知れないしね。
こんな時代に産まれたのかと・・
d0099845_01475376.jpg




そうそうまだブログでは移住・移転先をご紹介しておりませんでした。

お店ではご挨拶を兼ねて移転先を口頭で伝えておりますが、場所は静岡市内でもあり海と山に挟まれたとても静かで環境の良い地域

用宗です

d0099845_01481659.jpg

防波堤に座り漁をしている船を眺め、町並みと山と青空を見ているとなんだか小さな島にたどり着いた気分になります。

d0099845_16003636.jpg

穏やかな場所ですにで朝日もゆっくり浴びる事ができます。

d0099845_16024611.jpg

d0099845_15571463.jpg


d0099845_15572232.jpg


d0099845_15573181.jpg


d0099845_15594412.jpg

高い建物が少なく海へ突き出た大崩れ海岸の山と波と風の音が小さな島そんな気分にさせてくれます。

是非、移転後に小旅行気分で散歩がてらカスターニョへお越し下さい。



近いですから











また、続きは次号で











by 173-castagno | 2019-09-24 01:00 | 日々の日記 | Comments(0)


<< 佐渡島の小木ビオレーイチジク三昧      住居側のビフォーアフターのお話し >>