人気ブログランキング |

巴町の大きな栗の木の下で

ilcastagno.exblog.jp
ブログトップ
2020年 03月 17日

日々の暮らし 

カスターニョは只今移転準備中です






前回お話しした土間を手かげてくださった職人さんの新聞記事

私の名前とお店の名前まで出してくださって、最初の宣伝記事になりました。
増田さんありがとうございます

お店の土間もよろしくお願いします

日々の暮らし _d0099845_23573241.jpg


そうそう私と言いますと、出来上がった住居が居心地が良すぎて毎日のほほんと過ごしているわけではありません。


数年も使われる事のなかった建物に息を吹き返してくれている前島建築の徳◯さんと共に、自ら過ごす仕事場の埃を拭い色を磨いていかなければなりません、まずその一歩が建物で食事ができる状態にしていかなければなりません。

こうした小屋梁?や屋根を支える垂木などをハケで履きタオルで拭ってホコリを除いていきます。
その後、米油を使って木材に染み込ませ更に木材に色艶を出していきます
日々の暮らし _d0099845_23583392.jpg

見た感じの印象がかなり変わりました
埃っぽさがなくなり木が息を吹き返した感じです
日々の暮らし _d0099845_23591538.jpg

部屋という部屋の一本一本を脚立に乗り仕上げていきます。
もちろん天井の板も一枚一枚ホコリを拭っていきます。

左は磨き終わった物、右はこれから
日々の暮らし _d0099845_00012121.jpg

こんな感じです。
雰囲気がかなり変わりました。

日々の暮らし _d0099845_00015647.jpg

昔は蚊帳を使ったりいろいろな物を吊ってあったのか錆びた釘があちこちにあり、まずそれらを取り除かなければなりません。

何か貼り物もしてあったところは長い年月でかなり色焼けをしてしまっています

それもまた生活していた証でもあります
電気のコンセントもnationalの古い物で、今後は使いはしませんが、アンティークの飾りとしてそのままにしておきます。

日々の暮らし _d0099845_00044972.jpg
 

日々の暮らし _d0099845_00052732.jpg


まずはこんなところから手伝わせてもらいます
古いを活かすには根気のいる仕事なのだと、改めて感じました。

それっぽい古民家風にはしたくありませんので





この部屋に似合うかのと?と以前から通っているアンティーク物を扱っているデジャブさんで、まずは一つだけ購入
ここ数年通ってはアンティークの良さの話を聞き、自分達に出会った物を待ち続けています。



日々の暮らし _d0099845_01150533.jpg


うちの土間にもアンティークのガラス傘を付けてみましたが、家にあった電球を取り付けてみましたが明るすぎて台無しにしてしまったので、ワット数の低い物を新たに購入しなければなりません

日々の暮らし _d0099845_01283937.jpg






休日の晴れた日など用宗散歩に訪れた際は立ち寄ってみて下さい、何かしら作業をしていますので


ただし車は入ってこれる場所ではないので、あくまでも散歩ついででお願いいたします。
※車は海岸線へ止めれますよ
他にも気になるお店もありますので、是非どうぞ


日々の暮らし _d0099845_01210273.jpg








おしまい








by 173-castagno | 2020-03-17 23:54 | 日々の日記 | Comments(0)


<< 今日の手仕事      日曜日の午後の用宗 >>