巴町の大きな栗の木の下で

ilcastagno.exblog.jp
ブログトップ
2018年 06月 09日

美味しいパン


昨年、富士宮で知り合ったタム農園の田村さん
ライ麦全粒粉を使わせていただいています。
全体の約1割を使いますが、イーストの発酵具合が良くなります、じっくりゆっくり発酵してくれ、発酵も安定します。
美味しいパンにな〜れと声をかけて作ったり、焼いたりすると美味しくなると言われています。
それは自分的にも確かだと思います。

気持ちが集中するからなのだと思いますが、料理の場合は優しく穏やかな気持ちで、筆やペンを使うときも一呼吸おき息をそよ風が揺れるように吐きながら書き始めると意外と上手くかけたような気がします。
他にもスポーツの試合などは、練習の時や自分らしいプレイをイメージしながら挑むと、良い結果が生まれたりもします。

なので、今月から始まるサッカーワールドカップも、いつも言うように自分達のサッカーが出来れば勝てます、みたいな事をイメージして一丸となれば奇跡は起こります。

ただ、奇跡はそうそう起こるものでは無い事を理解しておきましょう、やはり練習とイメージと楽しむ事が相手より大きくないと、良い結果は生まれません。

ガンバレニッポン!と簡単に自分は言いますが、選手達は幼き頃から毎日練習に時間を使い、お父さんやお母さん達も我が子の為に朝早く起き、お弁当に朝食を用意し、休日はとにかく練習や試合に応援に駆けつけるのです。

話は長くなりますが、我が家のアパートの窓からはいつも静○のサッカーの練習風景が良く見えます。
朝早くから練習が始まります、始まると言っても自分から見るとハイテンションな状況からの練習です、たぶん合同練習が始まる前には、各自アップが済んでいるのでしょうね。
とにかく練習風景を見ているだけでも圧倒させられます。
そんな、○学から初めて代表が選ばれました。
あれだけ凄いな〜と思っていても、今まで選ばれなかったのです。
先輩後輩の思い、未来のサッカー少年達の為にも頑張って来て下さい。
僕は応援するだけですけど。


かなり話がズレました。

タム農園のライ麦粉フォカッチャを作ります。

d0099845_23231840.jpg
回って回って回〜るぅぅぅ〜ぅ〜♪
d0099845_23232186.jpg
叩きつけます。
両手で叩きつけます!

以前片手でやっていたら、手首を痛め動かなくなりました。

なので両手で負担を減らしてのパン捏ねです。
d0099845_23232904.jpg
丸めて一次発酵させます。
d0099845_23233445.jpg

焼けたフォカッチャの写真はございません。
撮り忘れました。
食べに来て確かめてください。


お米の自家製ケーキと自家製イチゴジャムと自家製ヨーグルトのジェラート、自家製ビスコッティ添え
d0099845_23235636.jpg

こちらも田村君
ラビオリ頑張って包んでいます。
皆さま是非食べに来て下さい。

d0099845_23241426.jpg
三方原のジャガイモとフォンティーナチーズを包んだパスタ カペレッティ
d0099845_23241860.jpg











おまけ


お父ちゃんのGINO173号で焼津までイタリアワインの仕入れに来ました。

運転なら任せて!
お父ちゃんは40分以上の連続運転が苦手です。
途中途中眠いよ〜眠いよ〜てうるさいです。
d0099845_00005251.jpg


到着です
d0099845_00005728.jpg

さてどれにしようかな?
あ〜早くイタリア行って見たいな〜




最近お父ちゃんより動きが激しいです。

お父ちゃんまだ立ち上がる時にいてーいてー朝からうるさいです。

そんなだと悠◯助、おじーちゃんって呼ぶよ!




おしまい



[PR]

# by 173-castagno | 2018-06-09 23:22 | Comments(0)
2018年 06月 07日

沢山の恐竜

【暑い夏にはジェラート】

エスプレッソ風味のキャラメルのジェラート
赤紫蘇のソルベ
生姜のジェラート

他にも
ミント風味のジェラート
黄金みどりの焙じ茶のジェラート

など色とりどりのジェラートご用意させております。
d0099845_23171199.jpg









おまけ

さてさて悠◯助くん
保育園へ行きだして3日ほど経ちましたが、まだまだ楽しいが先で寂しくて泣くことは無いようです。

お店や保育園へ行くときは、なるたけ自分で歩く様にさせています、と言ってもまだまだ空気機関車につかまり🚂、進まないとたどり着くことは出来ません。
それでも、大人の足でしたら1分程で着いてしまう距離ですが、彼にとってはかなりの距離だと思います。



1歳児にとってはたどり着くまでが大冒険なのです。
とにかく目に付く物は近づいて触れ、バスにトラックやバイクの大きな音に振り返り、迫り来る自転車に目をまん丸にして立ち止まる、声をかけてくれたお爺ちゃんやお婆ちゃん達、初めて見る人にはしかめっ面してしまい、泣き出すこともありました。
とにかく店へたどり着くだけでも15分はかかります。

自分も幼い頃からとにかく寄り道をして家へ帰っていた事を思い出します。

とにかく大人が与える物よりも、自分で興味を持った物の方が数倍も価値があるのかな〜と思い、ゆっくりでも付き合います。

彼の目線から入る景色は、とにかく大きく見えるのだと思います。
大きく自動で口を開くエレベーターのドア、植木のお花はお花畑くらいの広さに感じているのでしょうか?歩道へたどり着いてからは、行き交う自転車や車にトラックなどは恐竜が走っているように見えるのかもしれません。
(悠之◯)目線
d0099845_17194747.jpg

さぁここからが本当の大冒険の始まりです。
まず表れたのが二足歩行の痩せ型草食系ブシッコサウルスサラリーマンが通り過ぎ、荒い息を吐きながら迫り来る巨体のタルボサウルスサラリーマン、2つの輪をころがしながら猛スピードで通り過ぎて行くメガロザウルスチャリンコ、猛獣ばかりかとおもっていると、ヨタヨタ歩く悠之○と同等の体格のスティラコサウルスダックスフンド、大きな音に振り向くと、音を立てて走り去るメガロザウルスオートバイ、沢山の人を乗せて走るトリケラトプスバスや荷物を乗せて煙を吐きながら走り去るティラノサウルストラックなどなど、この100mの道中には悠◯助にとっては、見て感じる物すべてが大迫力な出来事です。
d0099845_17211982.jpg

大きな物にも興味もありますが、じつは1歳児の◯之助には小さく手が届く物にとても興味を持ち時間を使います。

あと少しで店や保育園でも、落ちているものや砂利に石ころなどとても興味を持ちます。拾っては汽車に乗せたり、口に入れたりもします。
どの子供もとる行動、免疫力を付けるためなのか、食べれるか食べれないか見分けるためなのか?良くわかりませんが、やたらに口へ運びます。
d0099845_17233458.jpg
d0099845_17294309.jpg
とにかくすべての物が彼にとっては初めての物だらけなのです。
d0099845_17233964.jpg
人の家のこんなところにも入って行きます

d0099845_23143101.jpg


そんなこんなで、子供目線の行きとお迎えの時間でした。



[PR]

# by 173-castagno | 2018-06-07 09:17 | Comments(0)
2018年 06月 03日

初夏の風


陽射しは強いですが、日蔭の風は心地よく毎日過ごしやすいが続きますね。

そして、6月に入り2018年も半分過ぎようとしています。

毎日、なんだかんだとバタバタと過ごしてし待っていますが、時に仕入れ途中で山の景色を見たり、海の波の音を聞いたり、ベランダそばで朝早くに鳴く鳥のさえずりを聞く事が自分らしい時間を過ごしているな〜と感じるひと時です。


カスターニョの営業は毎週月曜日と第三火曜日は定休日
お昼の営業は水・木・土・日の4日間となっております。

今月6月の第三週の月曜日〜木曜日
18日〜21日をお店の営業をお休みさせていただきます。






【カスターニョのお料理】

今日のスープを何にするか迷っていると、じゃがいもが届きました。
ゆかちゃんの妹さんからの贈り物
三方原のじゃがいもで冷たいスープをご用意
ありがとうございます。

そして、モロッコインゲン豆とズッキーニのフリット
d0099845_16524618.jpg



舞阪シラスとアンチョビ・トマト・香草のクロスティーニ
香ばしく焼いた自家製フォカッチャにサッとニンニクを擦り、オリーブオイルをたっぷり降った夏向けのおつまみ

下は葉野菜とカラフル根菜とプロシュートのシーザーサラダ仕立て
d0099845_07140729.jpg

玉取椎茸の米麹とバターの白ワイン蒸し
肉厚で5〜6cm程の大きさなの味わいもあり食感の良い椎茸です。
いつもここの椎茸を取りに行かせてもらっています。
d0099845_07150350.jpg
由比港で水揚げする、スズキを使った魚料理
スズキのパン粉焼き
ミニトマトとミョウガのバルサミコ酢ソース
d0099845_07150770.jpg
先日見学に行った諸子沢の黄金みどりの焙じ茶を使ったジェラート
d0099845_07150945.jpg
赤紫蘇が届いたのでソルベを用意
d0099845_16560133.jpg


北イタリアの郷土菓子
ストゥルーデル
本来は林檎を使いますが、目の前にバナナを買ってあったので、バナナとラムレーズン、松の実のストゥルーデル
シナモンの香りもあり美味しく仕上がりました。
d0099845_07153485.jpg






おまけ

最近、日々の暮らしの方がメインブログになっており、オマケがカスターニョの話になっていました。反省です。


6月の第三週

少し静岡を離れ小旅行へ行って参ります。

と言っても千葉、東京、神奈川の親戚へ
我が息子を引き連れご挨拶、先月末に満一歳となり、風邪もひかずにスクスク成長している姿を見せに行って参ります。

親戚の方々やご近所さん、お客様に見守られながら大きく成長する悠◯助くん、皆様には感謝致します。

Buon Compleanno YUNOUKE!

米粉と全粒粉のパンケーキ
水切りヨーグルトとチェリー
まだまだチェリーボーイの悠◯助🍒
d0099845_07193181.jpg
1年でこんなに大きくなったんだね。

足の大きさならお父ちゃん負けません(28.0cm)
d0099845_07200545.jpg




おまけのオマケ

日曜日のお昼終わりに悠之○と近くのお寺へ

ここは手入れされて大きい木があり、とても心地よいお気に入りの場所です。

日曜日の午後なのにいつもながら貸切です
初夏の風がホントに気持ち良いです

お父ちゃん、またウトウトとしてしまいました。
是非皆様も10分でもここでのんびりするとリラックスできますよ、そよ風のようにリラックスです。
d0099845_16595871.jpg
三松の大きな銀杏の木の下で
d0099845_17000639.jpg

d0099845_17001453.jpg


[PR]

# by 173-castagno | 2018-06-03 07:13 | Comments(0)
2018年 05月 29日

一升餅とお父ちゃんの反省

【一升餅】とは   (ネットより)

この一升餅を「背負餅(しょいもち、せおいもち)」と呼び、寿の文字や子供の名前を書いた一升餅を1歳の子供に風呂敷や餅袋等で背負わせ、子供が背負い立てない姿、転ぶ姿を将来への夢や希望の願いを込めて見守る行事がある。一生の重みを感じさせると言う意味合いで、立って歩いてしまう子供の場合、わざと転ばせることもある。



今週のお休みのお話し

大安の月曜日
一歳をもうすぐ迎える悠○助くん
丈夫に育って欲しい!一生食べ物に困らないように!重みのわかる人に育って欲しい、などなどのいろいろと言われがある中で、私達も願いを込めてお餅を背負わせて来ました。


天気予報も雨から曇りとなり
過ごしやすい日中となり悠之◯くんに頑張ってもらいました。

まずはお餅の前でパシャリ
この後何をさせられるのかな〜
d0099845_15134233.jpg
なんだこれ?
d0099845_15142546.jpg
ん?重いぞ〜
立てない
d0099845_15155142.jpg
重いよ〜
取ってよ〜
d0099845_15181737.jpg

この時「頑張れ」「ほらやれる!」
など声をかけてしまい、助けようとするお母ちゃんと春ちゃん(おばあちゃん)に手を出さないで、なんて大きな声を出していた自分に、後ほど反省致しました。
お父ちゃんは悠之◯なら、いけるんじゃないかと思ってしまったり、何が何だかんだわからない子に、親として勝手に期待を押し付けてしまっていました。
これから先、何かに興味を持ち始め色々な事へ挑戦する子達へ、親があーでもないこーでもない、口を出してしまっては、子供はヤル気を無くしてしまいます。
子になんでも自分の想いを背負わせてはいけないと感じたひと時でした。

そして、この様な行事は子供の為だけではなく私達親への行事でもあるのかもしれません。
子供が何かに一生懸命挑戦している姿はジッと見守り、頑張った姿を目に焼き付け、挑戦し終えたら一緒に喜んだり悲しんであげる事が一番大事だと思う瞬間でした。

ネットから引用した文にも「見守る」と書いてあり、どこにも立つ事が目的なんて書いてありませんでした。
しっかり読まずにこの行事を行ってしまったお父ちゃん、違った意味で反省です。






お父ちゃん気をとりなおして
お祝いの散らし寿司を用意致しました。

なんだか具沢山で下の具が見えない程のモリモリ散らし寿司です。
一見簡単そうで散らし寿司は難しい
d0099845_15213579.jpg
こちらは悠◯助の散らし寿司
d0099845_15213942.jpg

休日のお話しでした。





おまけ


火曜日のお昼はランチが休みなので、椎茸を取りに玉取まで行って来ました。
途中見つけたカフェでお茶タイム
男二人の時間です。
0歳児最後のひと時です。

明日から悠之○は一歳
お父ちゃんもお父ちゃんになって満一歳です。

d0099845_23573157.jpg


おしまい

[PR]

# by 173-castagno | 2018-05-29 14:58 | 日々の日記 | Comments(0)
2018年 05月 25日

【夏野菜の冷たいスープ】


【夏のスープ】


赤パプリカ,緑ピーマン,トマト,胡瓜,赤玉ねぎ,セロリ・・・
そして乾燥パンではなく、塩米麹を漬け込んで塩味とコクと旨味を補います。
d0099845_13234982.jpg



ビネガーも効かせて暑い日に身体を野菜で冷やしてくれます。
上にはアクセントで甘酢で煮た桜海老をのせてみました。
この日の前菜は、他に舞阪しらすのクロスティーノと小赤玉ねぎのマリネとスナップエンドウです。
d0099845_13235886.jpg



こちらは甘夏と黄人参と黒人参,ハチミツ風味のスープです。
他はスナップエンドウと生ハムのサラダ
茄子とズッキーニのカポナータです。
d0099845_13240567.jpg



ゆかちゃん作
アメリカンチェリーとピスタチオのミニタルト
d0099845_13241253.jpg









おまけ

網戸やられました!

勢いよくベランダへ頭ゴチンでした。
自業自得ですよ。

お父ちゃんは腰が痛いので、どれだけ泣いても抱きかかえれません、お母ちゃん来るまでベランダで泣いてなさい!


d0099845_13363608.jpg


[PR]

# by 173-castagno | 2018-05-25 13:23 | 日々の日記 | Comments(0)
2018年 05月 22日

お豆達集合


(スナップエンドウ)
d0099845_18145943.jpg
(ツタンカーメン)
d0099845_18150848.jpg
(陵西一寸)そら豆
d0099845_18151837.jpg
(ファーべ)
d0099845_18152758.jpg
(初姫)
d0099845_18222090.jpg
(ロングピース)
d0099845_18223246.jpg
ひと息入れて
間引き玉ねぎ
d0099845_18224540.jpg
日本絹さや
d0099845_18301324.jpg
隠元豆
d0099845_18302311.jpg
豆豆豆
食感が好きです
今が旬の
お豆いっぱい届きました。

マメな男になれずに47歳の歳月が過ぎました。

今から頑張って少しでもマメったくなろうと思います。







おまけ

やはり
歩く速度を抜かれました。
休みの午前中に病院へ行き、治療後に薬もいただき、身体が軽くなったことをいいことに、ついつい天気も良いので悠之○と二人で遊びに来ちゃいました。

行きは良い良い帰りは怖い♫

てな感じで一緒に遊んでいると、チョット抱きかかえて移動したら、アウッ!って、ヤバイよヤバイよ動けないよ

とりあえず荷物のとこまで頑張って這いずり、その後は1時間ほどグロッキー状態
少しの間眠りこけてしまい、その間は悠○助はいい子に一人で遊んでいました。
d0099845_22130494.jpg

とにかく車まで行かねば🚗
悠○助には汽車で歩いてもらい、駐車場まで向かうのですが、なんと歩くの早すぎて先へ行ってしまうは、途中ぶつかると戻ることを覚えてしまったので、チョット待って状態、そこに自転車で旅をしているイギリス人のお二人に遭遇、立ち止まって動かなくなってしまい、しまいには泣き始めてしまうは、あー僕も一緒に泣きたいって感じです!
誰かこの親子を助けて〜って叫びたくなりました。

必死に○之助を抱きかかえ、汽車も掴み腰を曲げずに立ち上がる。
駐車場まで残り200m程、なぜ一番遠いところに停めたのか悔やみます。

一歩一歩一歩一歩汗休憩一歩一歩一歩汗呻休憩一歩一歩一歩到着
最後の難関座席へ乗せなければなりません、汗汗呻 呻 呻   溜息

さあ、帰ろ〜


休日のお話

おしまい

[PR]

# by 173-castagno | 2018-05-22 18:13 | 日々の日記 | Comments(0)
2018年 05月 20日

嬉しい出来事と悲しい出来事

【世代交代】
若き と 老い
進化 と 退化
立ち上がる と 寝転ぶ
d0099845_00485930.jpg

などなど、対義語がありますが、我が家でもこの様な言葉が当てはまってしまう出来事がおきました。

本日、お昼過ぎにしゃがんだ拍子に背中の筋に痛みが、大丈夫かな〜なんて思っているとジワリジワリ、ジワリジワリとアレが足音を立てて近ずいてきました。

昨日、我が息子 ○之助が、どこにも捕まらずに一人立ちを果たしました。
自らウ〜〜ゥ〜と踏ん張り、立ち上がったのです、生まれてすぐに立ち上がる動物と違い、人間は一年近く時間がかかる動物なのだと実感しました。
その後、良くやったと大きな声で一緒に喜んでやると、性格上お調子者なのか、お父ちゃんが喜び褒めると何度も同じ行為を繰り返し始めました。
その数約30回ほど、先ほど立てたばかりなのにコツを掴むと、簡単にこなしてしまうこれが人間の学習能力なのだと、人間って凄いって思いながら、お父ちゃんも悠之○の態勢を真似てやって見ましたが、よく前かがみから立ち上がれる物だと感心しました。(実際私は出来ませんでしたが、この行為が後々痛い目に会う事になったのかもしれません)

そして昨日に続き今日は、なんと立ち上がったと思ったら、二歩三歩と歩き出し五歩も歩き出しました。
昨日の様に大きな声で喜んであげたかったのですが、悠○助が歩いているその横では、私軽いギックリ腰の為に寝そべって身体を癒していました。

「進化する若きがいれば、退化する老いがいる」歩き出した人間と寝そべっている人間
なんだか溜息をはいてしまうぐらい、自分の事に悲しさを覚えました。

さてさて、私夕方には店の準備と仕込みの為、腰にはキツく締めたコルセットに登山用の杖を片手に店へと向かいました。

ほんの数ヶ月後には歩くスピードを我が息子に抜かれてしまうんではないかと、杖をつきながら老いていく自分に悲しさを覚えました。

そのうち悠○助の空気機関車🚂はお父ちゃんが使う羽目になるかもです。
ポポポポ    ポッポー!

もしそのうち街で汽車を押す私を見かけたら声をかけ励ましてあげて下さい。
d0099845_00483058.jpg




おまけ


玉取の椎茸と鴨肉のペーストを包んだトルテッリ
d0099845_00541353.jpg
食パン三兄弟
d0099845_00542226.jpg



おしまい



[PR]

# by 173-castagno | 2018-05-20 00:00 | Comments(0)
2018年 05月 17日

いろいろなタイプの癒し


最近、怠っていたブログ
何を書こうか迷っていると、一日そして一日と日が過ぎて行き書くタイミングを逃してしまう。

こう言うのって他でもありますね、あ〜電話しなきゃしなきゃと思っているうちに日が立ち電話しずらくなり、そのうちまっいっかと思うが、やっぱり早めに電話しとけばよかったみたいな感じです。
チョット違うかな?




最近、甘夏みかんが美味しいので
夏のドルチェ
甘夏のタルト登場!
四季の漢字が付いたフルーツや野菜・食材って何があったかな?。
春菊・春雨・夏みかん・秋刀魚・秋茄子・冬瓜
冬瓜は夏の野菜ですけどね

d0099845_23362563.jpg
岡部の上の玉取へ椎茸をいただきに伺う時に今が美味しいクレソンを頂いてきます。
水が綺麗なのでこのようにたくさん自生しています。
香りと苦味と歯切れがとても良いです。
更にペパーミントを見つけ、擦って臭いを嗅ぐとなんとも爽やかな良い香りです、エグ味も無くミントのジェラートようにこちらも拝借
美味しいチョコミントのジェラートも作りました。
クレソンはサラダ用
d0099845_23363375.jpg

さてさて、休日はこのように悠○助を連れて仕入れに行きます、仕入れに行くといろいろ得るものがあります、週一回ののペースで山へ向かうと、季節の移り変わりを感じ、四季の変化が目に飛び込んできます。
冬が明ける頃梅の花と香りが車内に飛び込んで来ます、春には桜、レンゲや藤とあちこちに野草たちも色を咲かせます、白から黄色濃い黄色に青赤紫と徐々に色を変えていきます、更に鳥達が花の蜜に集まり、メジロに鶯、イソヒヨドリと本当に声の綺麗な鳥達が季節によって囀っています、いつも山へ入るとラジオを消し窓を全開にして、こうした山の変化を楽しみます。
今は新緑の緑が本当綺麗です、まだ若い葉なので目に飛び込む色は優しく、更に風に揺られ葉と葉が擦れる音は若々しく、とても気持ちを落ち着かせてくれます。

是非、皆様も日頃の電子音に人工色や電気色などから耳や目を離し、風に揺れる山間の川の流れる音や、海の潮の満ち引きの音を見たり聞いたりして感じてください、癒されますよ。

更に癒される音を最近カスターニョ の周辺で聴くことが出来ます。

期間限定のほんの一時的時期しか聴けないかもです。
d0099845_00205848.jpg
それは、このなんともかわいい汽車から聞こえる蒸気(空気)の音です。

ポポポポ    ポッポー
ポポポポ    ポッポー

電子音のオモチャが良いか悪いかは別として、なんだかアナログ音に癒されちゃいます。

そろそろ一歳を迎えようとする我が子、まだ一人歩きは出来ないですが、この汽車があればどこまでも歩いて行けます。
魔法の汽車なのです。
家からお店まで・・お店から八百屋まで・と、とにかく最近必須アイテムの歩行練習のオモチャ、北街道を行き交う車やトラック、バイク音、工事の音・・中々街の中に住んでいると、癒される音に巡り合えませんが、是非○之助の押す空気機関車🚂のポポポポ    ポッポーを聴きに来てください。
癒されます。


d0099845_00324396.jpg
新緑の中で響くポポポポ     ポッポー






おまけ


まちに待った待望のカフェがオープンしました。

ジーノ173号で到着

ここは北安東の城北高のバス停のすぐそばのカフェ
マスターの醸し出すコーヒーの香りと、人生をマスター一筋でやって来た独特の雰囲気に癒されてしまいます。



d0099845_00364693.jpg
自分もたまにお客様からマスターと呼ばれる事がありますが、まだまだヒヨッコの私、マスターと呼ばれるには程遠い存在です。

d0099845_00365179.jpg



おまけのオマケ

そんなカフェの目の前に、なにやら染物を干している方がいたので、話を伺ってみると。

御主人は三代目で染めているものはランチョンマットなどに使うものらしいです
d0099845_00370385.jpg


またまた、ダラダラと長い文章を書いてしまいました反省です。

[PR]

# by 173-castagno | 2018-05-17 23:35 | 日々の日記 | Comments(1)
2018年 05月 07日

オキーフ×カスターニョ 食事の時間


さてさて、お話のつづきです。



今回のお料理のテーマは
南イタリアのプーリア州の食卓って感じです
前菜が豊富にあり皆で食卓を囲んで、お互いの話を話したり、話から話がうまれる食事の風景
ちょっと忘れかけている、食事の楽しさ。
今日会った人同士が食事を通して楽しめる時間と空間
そんなオキーフ ファニチャーのアトリエのお話です


d0099845_14255073.jpg

と言ってもこちらのお料理はトスカーナ州の夏の定番料理のパンツァネッラ

残って硬くなったパンを利用したパンのサラダ
身体を冷やしてくれる胡瓜とトマトには野菜と今が旬の桜エビの甘酢炒め、そんなサラダです。

d0099845_14255731.jpg

インスタ風に撮って見ました
d0099845_14372286.jpg
田村君がカスターニョ に来て一年が経ちました。
いつも来店してくださるお客様に育てられ、彼らしいサービスができている感じです。
朝から今日はワクワクしていますって言ってくれました。
d0099845_14372705.jpg
最近採れ始めたズッキーニとセミドライトマトを使ってカポナータを作りました。
d0099845_14260185.jpg

小玉ねぎと茄子のマリネ
サルデーニャのカラブスで食べた、暑い日にたどり着いたレストランの前菜を思い出してみた感じです。
d0099845_14281883.jpg

チャバッタ パン (スリッパ)って意のパン
お好きなだけどうぞ

他にも卵料理のズッキーニのフリッタータ
自家製豚足と豚の屑肉で作ったチッチョラータ
チーズは特別に36ヶ月熟成のパルミジャーノ レジャーノ、4年前に訪れたパルマのZizza氏のパルミジャーノを食べていただきました。
2月に10kg取ったチーズもあと1kgで終わりです。
どうしても美味しいチーズを味わっていただきたく・・・

パスタを茹でている間に皆様で自己紹介をしていただきました。
d0099845_14420465.jpg
今回はメイン料理が無いため、パスタ料理がメインとなります

今はワラサが手に入るので、ワラサとアンチョビ、ケッパー、フェンネルの港町の料理をイメージして見ました。
香草パン粉をふんだんに振りかけて、いただく南イタリアの定番料理っていう感じです。

d0099845_14420743.jpg
こちらの大皿もオキーフさんに用意してもらたったどなたかのお皿、このパスタにピッタリのお皿
d0099845_22074874.jpg


もう一品は北イタリアの港町ジェノバ
ジェノベーゼのパスタです

本来はバジルと松の実、パルミジャーノにジャガイモを使いますが、大根と蕪、ブロッコリーとバジルに松の実、もちろん36ヶ月熟成のパルミジャーノをふんだんに使って、カスターニョ 風 ジェノベーゼパスタに仕上げました
つるんと食感良いトロフィエというショート パスタです
d0099845_14421085.jpg


さーお腹と心が満たされたところで
甘〜い ドルチェの時間です

今回は由香ちゃんが得意とするエミリア ロマーニャ地方の郷土料理菓子

パンナコッタとお米のタルトです

パンナコッタは以前の旅行のボローニャのお惣菜店で食べたパンナコッタがあまりにも美味しくて、再現したパンナコッタです、濃厚でほっぺがとろける美味しさです。
苺のジャムも添えての甘いと甘いの組み合わせ、これであなたもイタリア人って感じです。
d0099845_17542976.jpg

お米のタルト
ブディーノですね、お米のプディングに似ています

お米を牛乳で炊き、ローストしたアーモンドにアマレット リキュールをたっぷり入れたシットリネットリの甘いお菓子
リキュールが甘ったるさをうまく消してくれて、お米とアーモンドの食感がアクセントになり、もう一口もう一口と食べたくなる美味しさです。
d0099845_14462655.jpg

そして、甘〜いドルチェを堪能してくださった後はなんと!
ビックリ栗栗 カスターニョ 栗の木です🌰
オキーフさんからはカスターニョ の前菜に登場する、素敵なカッティングボードが、さらにカスターニョ からはイタリア郷土菓子 ビスコッティのお土産が付きました。
カッティングボードは料理だけではなく、アクセサリーなどの置き台として、その他にいろいろな使い方ができると思います。
ビスコッティはどうぞ独り占めなさらず、お家族や友人、職場の同僚の方と一緒に今日の話を語りながらお食べ下さい。



さてさて皆様オキーフ×カスターニョ の時間と空間のお食事はいかがでしたでしょうか?

ゆっくりの時間にゆったりの空間

初夏の光と風が窓から入り込み、外で聞こえる鳥達の囀り、この空間だけ今の世の中のスピードから解放された時間の空間でした。

今回、ご参加してくださった皆様、私達の為に遠くから足を運んでくださり、誠にありがとうございました。

今回、来ていただいたお客様以外にも、満席になってしまった為お受けする事が出来なかったお客様、ゴールデンウィークの最終日の為、休めない、予定がすでに入ってしまって行けないなどのお声をいただきました。

是非、次回もオキーフ×カスターニョ 開催させていただきたいと思っております。
その際は、皆さま是非ご参加下さい。
お待ち申し上げます。

それでは皆さま、ゴールデンウィークの楽しかった時間を力に今週から新たな気持ちでお仕事、ご家庭の家事など、共に頑張って過ごしましょう。


オキーフ ファニチャー
平盛ご夫妻
カスターニョ 
稲見
田村君
でした。


おしまい
















おまけ


夕飯と悠之○のズッキーニのリゾット

なんか由香ちゃんの方がイタリア料理感、バリバリだ!

やばいよやばいよ、そろそろシェフの座を奪われるかもです
d0099845_20400060.jpg

ん?まてよ
次回のオキーフ×カスターニョ 
由香ちゃんのイタリア料理もいいかもです

もちろん、僕はシェフ由香の補助
又は悠○助のお守り

て言うのもありかもです。













[PR]

# by 173-castagno | 2018-05-07 14:24 | Comments(0)
2018年 05月 07日

オキーフ× カスターニョ の食事会の支度時間

ここは好きなおうち
オキーフ ファニチャーさんのアトリエ


今日の訪問はいつものように遊びに来たわけではありません。

仕事です、さてさて準備に取り掛かります。

d0099845_12304966.jpg

古民家の入り口
いいですよね〜
d0099845_12395092.jpg

d0099845_12395442.jpg
今日は家の厨房が私の立ち位置

一度デモンストレーションで使わせていただいたので、使い勝手はバッチシ!
d0099845_12395870.jpg

奥様がコーディネートするお花は
食卓を彩ります。

そうです食卓なので食事会です。
d0099845_12450621.jpg
スイレン咲きのダリア綺麗ですよね〜

ダリアの名前は、スウェーデンの植物学者ダール氏の名前にちなんでつけられ、テンジクボタンという和名の由来は、インドを経由して日本に持ち込まれたことと、花の形がボタン(牡丹)に似ているからだといわれています。
(ネットより拝借)
d0099845_12451055.jpg

食卓を彩る 毎日このように食事をしている方っているのかな〜?

素敵ですよね
d0099845_12320498.jpg

メニューに合うお皿をチョイス
この野菜はこのアンティークがいいかな
こっちはガラス
これは最近購入した益子焼き
などなど考えながら午前中にお食事会の準備

各自が個々にの担当を支度中・・・
d0099845_12532156.jpg

厨房から見える裏庭

初夏の柔らかな日差しと土間から抜ける
爽やかな風が気持ちをリラックスさせてくれます、「そよ風のようにリラックス」以前頂いた筆絵のメッセージカードを思い出してしまいました。
いつもはお店が忙しくなると、飾ってあるカードを見てそよ風を思い出して、リラックスする様に心がけていますが、今日は初夏の風と外で囀るイソヒヨドリ達の求愛の鳴き声にリラックスさせられます。
d0099845_13134673.jpg
さて時間も近くなり、よく冷えたワイン達がお客様を迎えます。

この日は初夏に合うワイン、サルデーニャ島の白赤をご用意しました。

あ〜サルデーニャ島の旅行を思い出します
(是非、カスターニョ の大きな旅をご覧下さい)
d0099845_12470557.jpg


田村君のサービスとオキーフさんの乾杯でお食事会の始まりです。
d0099845_12251991.jpg
さてさて、厨房ではお料理をご用意

まずアペリティーボにカリフラワーと玉葱の冷たいスープ
とシラスとアンチョビ、ケッパーのクロスティーノ

お料理のお皿はオキーフさんのwood plate
そのまま、お料理の取り分け皿となります。
d0099845_12252229.jpg

つづく











おまけ

○之助の朝食

d0099845_14172705.jpg


[PR]

# by 173-castagno | 2018-05-07 12:19 | 日々の日記 | Comments(0)