人気ブログランキング |

巴町の大きな栗の木の下で

ilcastagno.exblog.jp
ブログトップ
2020年 03月 20日

上を向く作業


只今カスターニョ   は移転準備中です








本日は悠之助くんの保育園がお休みの為
送り迎えがない為、お父ちゃんは8時出勤しました。


午前中は昨日と同じ栗の板のパネル材に油を塗り、一日乾かさなければならない為、午後からは天井の拭き掃除と油を塗る作業を致しました。



脚立に乗り降りしながら拭いては塗り、また余計な油を拭いを繰り返します


上を向く作業_d0099845_21013186.jpg


ここの部屋だけ雨漏りがしていたせいで、天井板に染みができていました。
ビフォーアフター


上を向く作業_d0099845_21013946.jpg


とにかく腕は疲れるし目にホコリは入るし首は痛いしって感じです

以前、住居で壁塗りタイル貼りで活躍したブルーのつなぎ(オーバーオール)がらしくなってきました。

上を向く作業_d0099845_21014690.jpg



親方は黙々淡々とこなして行きます

自分はただただ拭って塗るだけなのにへばりそうでした。

上を向く作業_d0099845_21093829.jpg


このような寺院の天井画はどれだけ首と腕が痛かったのか想像もつきません

※2012年フィレンツェにて撮影
上を向く作業_d0099845_21470080.jpg

昨年末に予定していた悠之◯とお父ちゃんのイタリアの旅計画はこんな状況になっているので難しいですね。




おまけ




オヤツの金太餅米のヨモギの餡子かけだから
片付けしたら食べていいよと言うと、片付けし始めたと思ったら写真を見出したり、また遊び出したり、どう見てもお父ちゃんそっくりです


上を向く作業_d0099845_21143236.jpg




夕暮れ時の用宗


上を向く作業_d0099845_21362683.jpg




おしまい

明日も同じ作業です






# by 173-castagno | 2020-03-20 21:01 | 日々の日記 | Comments(0)
2020年 03月 19日

今日の手仕事

只今カスターニョは移転準備中の為休業中です








ワット数を下げた電球で雰囲気を取り戻したアンティークのフレンチ ランプシェード 吹雪手
なかなか愛らしいランプシェード


今日の手仕事_d0099845_12090598.jpg



さてさて、本日は基礎屋さんが来て厨房床に下地の基礎を作って下さいました。


今日の手仕事_d0099845_12095304.jpg


今日の手仕事_d0099845_12102447.jpg


こちらも手作業で仕上げくれました


今日の手仕事_d0099845_12113091.jpg


今日のわたくしのお仕事は?

こちらがわたくしのデスクワーク


今日の手仕事_d0099845_12123594.jpg


親方の背を見ながらが見習いの仕事です


今日の手仕事_d0099845_12130828.jpg


お手洗いの天井板と店舗ホールの床材の油コーティングが今日の仕事


今日の手仕事_d0099845_12144390.jpg


塗っては立て掛け乾かし拭き取る
そうする事で木の年輪に油が染み込み明暗が現れます
ここに立て掛けてある量のおそよ4倍を仕上げます
駆け出しの見習いには丁度良い仕事です


今日の手仕事_d0099845_12150301.jpg


さっそく左官屋さんが色のサンプルを作って来てくれました。
真ん中は緑茶を入れた物、右は無しで


今日の手仕事_d0099845_12162201.jpg


こちらは抹茶を入れた色
ほんのりグリーンかかった灰色ぽさのある風合い


今日の手仕事_d0099845_12164015.jpg


お仕事したら12時きっかり終えるのが職人さん達の世界
お父ちゃんも自宅へ戻りランチです
ガス水と一緒にプンタネッラというイタリア野菜のフリットと全粒粉の自家製パンでアペリティーボ
なんだかイタリアの小さな村のワンシーンのようです


今日の手仕事_d0099845_12180413.jpg


鍋ごとパスタ


今日の手仕事_d0099845_12182894.jpg


豚挽きと豆の煮汁とパルミジャーノのパスタ


今日の手仕事_d0099845_12222674.jpg


近所で咲いてた黄色いお花


今日の手仕事_d0099845_12185128.jpg



おまけの夕食





大豆とレンズ豆とお米のサラダ
カブのぬか漬け
薩摩芋の米粉フリット
富士宮の幸寿豚のビステッカ


今日の手仕事_d0099845_18534624.jpg







おしまい










# by 173-castagno | 2020-03-19 12:08 | 日々の日記 | Comments(0)
2020年 03月 17日

日々の暮らし 

カスターニョは只今移転準備中です






前回お話しした土間を手かげてくださった職人さんの新聞記事

私の名前とお店の名前まで出してくださって、最初の宣伝記事になりました。
増田さんありがとうございます

お店の土間もよろしくお願いします

日々の暮らし _d0099845_23573241.jpg


そうそう私と言いますと、出来上がった住居が居心地が良すぎて毎日のほほんと過ごしているわけではありません。


数年も使われる事のなかった建物に息を吹き返してくれている前島建築の徳◯さんと共に、自ら過ごす仕事場の埃を拭い色を磨いていかなければなりません、まずその一歩が建物で食事ができる状態にしていかなければなりません。

こうした小屋梁?や屋根を支える垂木などをハケで履きタオルで拭ってホコリを除いていきます。
その後、米油を使って木材に染み込ませ更に木材に色艶を出していきます
日々の暮らし _d0099845_23583392.jpg

見た感じの印象がかなり変わりました
埃っぽさがなくなり木が息を吹き返した感じです
日々の暮らし _d0099845_23591538.jpg

部屋という部屋の一本一本を脚立に乗り仕上げていきます。
もちろん天井の板も一枚一枚ホコリを拭っていきます。

左は磨き終わった物、右はこれから
日々の暮らし _d0099845_00012121.jpg

こんな感じです。
雰囲気がかなり変わりました。

日々の暮らし _d0099845_00015647.jpg

昔は蚊帳を使ったりいろいろな物を吊ってあったのか錆びた釘があちこちにあり、まずそれらを取り除かなければなりません。

何か貼り物もしてあったところは長い年月でかなり色焼けをしてしまっています

それもまた生活していた証でもあります
電気のコンセントもnationalの古い物で、今後は使いはしませんが、アンティークの飾りとしてそのままにしておきます。

日々の暮らし _d0099845_00044972.jpg
 

日々の暮らし _d0099845_00052732.jpg


まずはこんなところから手伝わせてもらいます
古いを活かすには根気のいる仕事なのだと、改めて感じました。

それっぽい古民家風にはしたくありませんので





この部屋に似合うかのと?と以前から通っているアンティーク物を扱っているデジャブさんで、まずは一つだけ購入
ここ数年通ってはアンティークの良さの話を聞き、自分達に出会った物を待ち続けています。



日々の暮らし _d0099845_01150533.jpg


うちの土間にもアンティークのガラス傘を付けてみましたが、家にあった電球を取り付けてみましたが明るすぎて台無しにしてしまったので、ワット数の低い物を新たに購入しなければなりません

日々の暮らし _d0099845_01283937.jpg






休日の晴れた日など用宗散歩に訪れた際は立ち寄ってみて下さい、何かしら作業をしていますので


ただし車は入ってこれる場所ではないので、あくまでも散歩ついででお願いいたします。
※車は海岸線へ止めれますよ
他にも気になるお店もありますので、是非どうぞ


日々の暮らし _d0099845_01210273.jpg








おしまい








# by 173-castagno | 2020-03-17 23:54 | 日々の日記 | Comments(0)
2020年 03月 15日

日曜日の午後の用宗


只今カスターニョ   は移転準備中です








日曜日の午後の用宗

この日はたまたま訓練をするつもりでいたところ、朝に市の放送と携帯に緊急速報訓練のブザーがなりました。

もちろん悠之◯くんには、ブザーと市の放送と共に、ほら!来たよ鬼から連絡が悪い子はいないかって?と、でも悠之◯はいい子だから、たぶん大丈夫だよと、言い聞かせています。





そして、この数字はと言うと

日曜日の午後の用宗_d0099845_20031922.jpg





さてさて朝から大豆を茹でていたので、煮えたところで糀に塩を混ぜます
その後プロセッサーで好みの滑らかさに潰したら、糀とよく混ぜ仕上げに煮汁を少々入れて、空気を抜いて冷まします。


ポロポロになるようにしてくれる悠之◯くん


日曜日の午後の用宗_d0099845_19591248.jpg

大豆を潰します

日曜日の午後の用宗_d0099845_19595319.jpg

さすがに練り合わせるには力が必要なので、途中悠之◯くんは、お父ちゃんそろそろ悠之◯はいいかな?だって
二歳児にはかなりの重労働
あとはお父ちゃんに任せなさい

美味しくできるといいね
お手伝いありがとう!


日曜日の午後の用宗_d0099845_20003403.jpg




味噌作りのあとは昼食後にさっそく訓練開始

逃げるよと言ってからか家を出て、まず駅方面へ向かいます。
その後踏切方面へ進み渡れそうな場所を見つけ、ストップウォッチを止めます。
その後踏切まで向かい、先程のストップウォッチを止めた位置あたりから、再度ストップウォッチを始めて、神社横の坂道を城山へ向かって登って行きます。

参拝中もストップウォッチを止めます


日曜日の午後の用宗_d0099845_20014994.jpg

そして、着いた場所は城山の中腹あたり
新幹線が望める景色の良い場所
ここまでに要した時間が10分強と言った感じです。
実際はなかなかこれが早いか遅いかはわかりませんが、目安になる数字と意識を持つ習慣に繋がります。

揺れたら皆で逃げろです

日曜日の午後の用宗_d0099845_20022385.jpg

帰りに駅に寄って駅員さんに訓練をしてみたのですが、実際大きな地震が来た場合、電車が止まり線路は渡って良い物なのか尋ねて見ました。
やはり返ってきた言葉は駅員または車掌さんなどの指示に従って欲しいとの事

その通りだとは思います。

なので駅の目の前の8階建てのマンションが避難ビルに指定されているので、夜地震が起きた場合や日中保育園へ迎えに行って、遅くなった場合は、家からほど近いこのビルへ避難をさせてもらおうと、家族で話しました。

日曜日の午後の用宗_d0099845_20023227.jpg



夕ご飯の際に今日は朝からいろいろやって楽しかったねと悠之◯くんに話すと訓練やったねの一言
訓練を理解していたんだね
ちょっと嬉しかったです







まだ荷物が整理できていないから、避難道具を早めに整理しなければと思っております










おしまい







# by 173-castagno | 2020-03-15 19:58 | 日々の日記 | Comments(0)
2020年 03月 15日

日曜日の朝の用宗


カスターニョ   は只今移転準備中です





カルンマさんに作っていただいた看板も出番を待っています



日曜日の朝の用宗_d0099845_08452123.jpg



コーヒーの香り漂う玄関から覗く日曜日の朝の光

土間で踊る葉陰達

この土間には小石と共にお茶の茎が練り込んであります
左官屋さんのアイデアで温かみのある風合いになりました。

先日、中日新聞にも掲載された我が家の土間、私達料理の世界だけではなく建築の世界も農産物の多くあまり得る材料を使って生活の一部に取り得ていき、風情を作り上げて行っているんですね。



日曜日の朝の用宗_d0099845_08461819.jpg


まだ荷物が多い土間ですが、ストーブもよく似合っています。
部屋を温めてくれる間に大豆をにて、お味噌作りに挑戦のユカちゃんです。


日曜日の朝の用宗_d0099845_08471499.jpg


日曜日の朝の用宗_d0099845_08545976.jpg




家探しをしていた頃、数件先の古い家から出てきた年配のご夫婦が、あんた達ここ取り壊すから何か欲しいもの持っていっていいよと覗かせてくれました。

いろいろ古いものはあったのですが、置くとこもないし、まだ住めるかもわからないし、そばでこちらを見ていたカモ達をいただいてきました。
あれから2年、このカモ達はまた用宗の地に戻って来ました。
我が家のキッチンで日々場所を変えて泳いでいます。



日曜日の朝の用宗_d0099845_08490685.jpg






おトイレも古いサッシの為、古い建具から外した菊模様のガラスをはめて建具をこしらえてもらいました。



日曜日の朝の用宗_d0099845_08500260.jpg



カスターニョを始めた頃、古庄に住んでた私は長沼辺りを歩いていると取り壊ししている昔ながらのスーパーを(商店)覗くと、私好みの錆び付いた陳列棚がいくつもありました。

これどおするの?と伺うと捨てちゃうよと言うので、ぜひ譲って下さいと一ついただきました。ほんとは二つ三つ欲しかったのですが、これ一つ持って帰るのでさえ、どうしようか悩んでいたところ、解体業者のおじさんが近くなら持っていってやるよと、運んでくださいました。

戸棚が無い我が家
高い位置に大きな籠を置いて、中には悠之◯君が見つけられない、手の届かない物を入れておきます。お煎餅とかね


日曜日の朝の用宗_d0099845_08521999.jpg



ちょっとそこまで朝のお散歩です

一日三本くらいしかないバス停
行き先はすぐそこの海まで行き


日曜日の朝の用宗_d0099845_10472245.jpg

到着!

伊豆の上には二三雲がいっぱい

用宗の午前中は発見がいっぱい

日曜日の朝の用宗_d0099845_10482688.jpg

山羊も散歩してるし発見がいっぱい

日曜日の朝の用宗_d0099845_10484697.jpg


ブルドーザーも身近にいるし発見がいっぱい

日曜日の朝の用宗_d0099845_10500527.jpg



日曜日の朝の時間でした








おしまい









# by 173-castagno | 2020-03-15 08:44 | 日々の日記 | Comments(0)
2020年 03月 14日

住み始めて感じた日々


カスターニョは只今 移転準備中です
もうしばらくお待ち下さい







さすがに段ボールを開けて片付けていく事に少し飽きて来てしまった私

腰の痛みも引かず毎日を過ごしております


前回のローズマリーのフォカッチャと言うと

少し分量が多すぎたせいか上蓋に当たってしまい焦げてしまいましたが、味は美味しくしあがりました。
ダッチオーブンの為少し蒸しパン又は食パン的な仕上がりとなりました。

住み始めて感じた日々_d0099845_23331311.jpg

さて雨の今日は悠之○君お手伝いがしたくてしたくてしょうがないようです。

岡部町のかど万さんへ、久々に糀を買いに行きお孫さんのあ○○ちゃんとご対面、数日違いの同い年、積極的に手を繋いで来なと言ったらあ○○ちゃんに恥ずかしがられてしまいました。
頑張れ悠之○!

購入した糀で甘酒作り

住み始めて感じた日々_d0099845_23375264.jpg


お父ちゃんは夕御飯と朝食用のパン作り
今回はブドウパン

パンこね機のコードが切れているのを忘れて電源を差すと、バチ!ブレイカーが落ちました
しっかり作動したことを確認

と言う事で手捏ねに変更

悠之○君、やるよ〜やるよ〜とせがむので生地を叩きつけてもらいました。

住み始めて感じた日々_d0099845_00002715.jpg

丸めて一次発酵
そして2次発酵
そして焼です
やはり蓋に当たってしまいまた焦げてしまいました。
がお味は美味しく出来ました


住み始めて感じた日々_d0099845_00014400.jpg







時間をかけて手直しをしてくださった前島建築の徳○さん

住み始めてみると、ここはこう、あそこはこう、こっちはこう、などと数多い注文を形にしてくださったお陰ですんなり生活に入る事ができ、毎日が充実した生活となりました。

すべてが新しいわけではないので古さを見え隠れしている為、どこか気持ちが安らぎます。




昭和の趣の部屋は一度バラして外観基礎となる柱や梁はそのまま、どこまで省き付け加えるかか、丸裸にするのではなく使う部分を明確に残します。

住み始めて感じた日々_d0099845_00025252.jpg

窓などサッシ類はそのままでデザインしてみました。

この手書きのイメージ図から、前島さんは形にして行って下さいました。

住み始めて感じた日々_d0099845_00035254.jpg

壁などは私が塗りタイルも貼らさせていただいた為、プロが手直しする中に素人に手を出させてくれたおかげで、部屋に対する思入れが変わったのかも知れません。

テーブル類はカスターニョで使っていた物なので、使い慣れた落ち着きもありました。

住み始めて感じた日々_d0099845_00045340.jpg

かなりイメージ以上の仕上がり
本当に使いやすく愛着が湧いてきます

住み始めて感じた日々_d0099845_00064352.jpg

家造りとは
基礎職人、水道配管職人、ガス配管職人、大工職人、左官職人、電気系統職人、建具職人、の方々で作り上げられますが、そこに混ぜてもらった壁塗り素人、タイル貼り素人のわたし

さらに出来上がりに色を付けていく家族の時間が大切なのだと日々感じています






まだまだ家づくり、店づくりは続きます









おしまい



# by 173-castagno | 2020-03-14 23:22 | 日々の日記 | Comments(0)
2020年 03月 13日

【カスターニョ は只今移転準備中】

【 カスターニョ   】
只今カスターニョ   は移転準備中となります




この日は巴町のカスターニョで不動産屋さんと立ち合いがありました。

待っている間にあと数日で終わってしまう悠之◯の保育園のグラスの子達が店前を通って行きました。

よく仕込み中に園児達の声がすると皆の顔を見に行っていたこの時間
ここでの姿は最後なのかな?なんて少し寂しくもありました

【カスターニョ は只今移転準備中】_d0099845_13355083.jpg




港町 用宗の生活

朝 暖かい日が続くと言っても、まだ少し朝はピリッと冷え込んでいる日が登る朝の時間

波の音・風の温度・数秒ごとに変わる海に空に山の色、数日前まで不安な様子を見せていた我が息子の表情も少しづつ和らいできました。

【カスターニョ は只今移転準備中】_d0099845_13261938.jpg

入れ替わるように山へ沈む朝の月

【カスターニョ は只今移転準備中】_d0099845_13321537.jpg

穏やかな用宗の港

1時間弱の散歩の朝

【カスターニョ は只今移転準備中】_d0099845_13424703.jpg

カスターニョの看板はとりあえず家の前で出番を待っています

以前の方が使っていた海の潮風で錆び付いた郵便受けポスト

【カスターニョ は只今移転準備中】_d0099845_14092750.jpg


陽当たりと風通しが良い我が家の土間先

【カスターニョ は只今移転準備中】_d0099845_14093324.jpg

173

【カスターニョ は只今移転準備中】_d0099845_14093739.jpg

お母ちゃんが静岡ガスさんのガスグリルで試し焼きしてみたソーダブレッド

【カスターニョ は只今移転準備中】_d0099845_14094449.jpg


窓際で撮ると映えしました
お味はもちろん美味しい!

【カスターニョ は只今移転準備中】_d0099845_14095028.jpg

近所の八百屋さんで購入

【カスターニョ は只今移転準備中】_d0099845_15142458.jpg


お父ちゃんもちょっと挑戦!

用宗海岸のローズマリーのフォカッチャ

【カスターニョ は只今移転準備中】_d0099845_15152743.jpg

さてさて上手く焼けるかな?







おしまい




# by 173-castagno | 2020-03-13 13:23 | 日々の日記 | Comments(0)
2020年 03月 10日

新生活の始まり

3/8引越しの朝

前日は肌寒い雨の日でしたが、富士山も新たに雪化粧をほどこし私達を送り出すにふさわしい引越し日和となりました。

新生活の始まり_d0099845_10425689.jpg

アパートの荷物も前日夜に追われるように荷造りが終わり、朝8時にはパンダマークの引越し社の若き先鋭達の敏速な作業であっと言う間に積み終えました。

最後に掃き掃除と拭き掃除を終え大家さんの立ち合いのもとここでの10年の生活が終わりになりました。

新生活の始まり_d0099845_10425942.jpg

窓から見えた富士さんともお別れ
朝焼の富士
雪化粧の富士
夕暮れの赤富士
月夜の月光富士

いろいろな富士の顔を拝ませてもらいました
ありがとうございます

新生活の始まり_d0099845_10430286.jpg


用宗へ移住

ダンボールを山積みにしたまま
ちょっと情緒不安定になってしまった悠之◯くんを連れてお外で夕暮れのお散歩


新生活の始まり_d0099845_10430758.jpg


近くに八百屋さんやお魚屋さんがあるので、引越し祝いにマグロの刺身をお父ちゃん奮発して買っちゃいました。

新生活の始まり_d0099845_10431130.jpg


いつもと違う生活が少し不安を抱いているのかなと子供は大人ほど割り切りはできないのだと息子の不安な表情を見て感じました。
とにかくお父ちゃんとお母ちゃんが話し笑って毎日を過ごせば、そんな不安も消えていくのなと悠之◯を抱きかかえながら思う夕暮れの時間でした。
新生活の始まり_d0099845_03524402.jpg

海岸に着くとちょっとしたアクシデント
片手にお刺身袋と携帯電話
お父ちゃんかっこよく片手で防波堤に飛び乗ると
なんと!
まだ腰の痛みも癒えない50前の身体
まったく届いていなく、腕を擦りながら刺身に携帯は中を舞、お父ちゃん転げ落ちてしまいました。
腰痛いし腕は擦りむけて痛いし
それでもダハハ🤣と笑いながら痛みを堪えていました。

新生活の始まり_d0099845_03535673.jpg

まん丸おっ月さんも顔を出し
悠之◯とお父ちゃんを迎えてくれました。

大きいね〜綺麗だね〜

新生活の始まり_d0099845_10454557.jpg





用宗生活の始まり始まり〜







# by 173-castagno | 2020-03-10 10:41 | 日々の日記 | Comments(0)
2020年 03月 07日

大掃除と移転準備



お店終了後に始まった大掃除と移転準備

まずホールにあった物を整理してダンボールなどに詰めていき、こんなにあるものなのか?と不思議に思ってしまうほど多い

さらにお皿を新聞紙などに包んで箱詰め、その後機器類をきれいに掃除してまた箱詰め

鍋フライパンなども磨いて箱詰め

もちろん一日や二日で終わるものでもなく、午前中は用宗での打ち合わせがあったり、午後から少し片付けたのち、悠之◯くんを迎えに行き少し遊びます。夕飯とお風呂を済ませて寝かせつけたら、改めて片付け出勤です。
夜中に少しずつ片付けていきました。


すべて箱詰めしたのち

厨房の棚などを全て取り外し、15年お疲れと言いながらピカピカに掃除していきます。

実は腰が痛み始めていたのですが、毎日コルセットをしてごまかしごまかしやりました。
さすがにこの棚を一人で下ろすのは重労働でした。
大掃除と移転準備_d0099845_22322568.jpg
ふだんから綺麗にしておいたので、手間がかかりませんでした。
大掃除と移転準備_d0099845_22322824.jpg
全て洗います
棚棚棚棚棚引出し冷蔵庫冷蔵庫などなどです。
大掃除と移転準備_d0099845_22323134.jpg

厨房器具屋に運び出しを行っていただき、機械類はすべてオーバーホールしてもらい、また使い続けます。
15年使い続けた機械類なので、すべて新しい物で始めたいのも山々ですが、まだまだ使える物は直して綺麗にすれば使えるので使い続けます。
正直買い替えていたら、いくらあっても足りなくなるのでシビアに行きましょう。

大掃除と移転準備_d0099845_09045329.jpg


こちらのワイングラス棚だけは、引越しのプロにお任せしました。

パンダマークの引越し社です

一つ一つ丁寧にグラスを包んでいただき、このカルンマさん手作りのガラスと鉄の棚も運び出してもらいます。
この様な時が来る事を想定して、二段に分かれる様にデザインしてもらいました。ガラスを取り外せるのですが、運び屋のプロはそのまま梱包して運び出してくれるそうです。


大掃除と移転準備_d0099845_09403251.jpg


御座敷に積み上げていた段ボールも運び出されて、お店の準備が整うまで、新居に置くことに、家の物が引っ越す前に店の物で新居は溢れかえってしまいました。




なんだかちょっと寂しい感じに
ここで沢山の方々が食事をしてくれたのだとちょっと思いにふけました。
部屋って絵一枚、机一つ、花一輪あるだけで、雰囲気って作れるんですね、そこに人がいると温かさが加わるのかなと感じまさした。

用宗の店でも温かさは来てくれるお客様が作って行ってくれるのだと思います。

大掃除と移転準備_d0099845_22323347.jpg

お店前もスッキリさせて

「お礼の文章と移転のお知らせ」の張り紙

大掃除と移転準備_d0099845_22323999.jpg




さてさて、新しい家の引っ越しは月曜日ですが、すでにお店の物が倉庫にパンパン、玄関内も山積み、これから家の物をどこに置こうかなと迷ってしまいます。

大掃除と移転準備_d0099845_08122225.jpg





お店の厨房の窓はこちらのシンプルなデザインに決定

外の光も入りやすく、中からも外を眺めながら仕事をできます。

大掃除と移転準備_d0099845_08173439.jpg

三枚扉

大掃除と移転準備_d0099845_08143708.jpg

大掃除と移転準備_d0099845_09230593.jpg


イメージですが子供達が遊んでるところがよく見えます

大掃除と移転準備_d0099845_08144035.jpg

お店のお手洗いのタイルも選びに行き、全体のイメージをしつつ落ち着いた雰囲気のタイルに決めました。

大掃除と移転準備_d0099845_08165281.jpg

住居の方の屋根瓦が以前の台風の強風と常に吹く海風で瓦が少し浮き始めていたので、住み始める前に直していただくことにしました

この様に寝そべるながら一枚一枚針金と樹脂を入れ込みズレを直してくれます

本当に命がけのお仕事なので感謝するばかりです。
大掃除と移転準備_d0099845_10273648.jpg






お店最後に沢山作ったビスコッティ
巴町界隈でお世話になった方々へ挨拶周りに行ってきました。
地域の皆様長い間お世話になりました。
用宗へ足を運ぶ機会は少ないと思いますが、休日の日に海へ散歩がてらお店に顔を出しに来て下さい。

大掃除と移転準備_d0099845_08165446.jpg










おしまい







# by 173-castagno | 2020-03-07 22:31 | 日々の日記 | Comments(0)
2020年 03月 01日

3月の始まり  盛り沢山のいちにち

3月になり新型ウイルスの影響で、街に出ても普段より人通りが少なく、春へ向かう華やかな賑わいがないように感じました。

そんな中wasabi静岡の料理人の勉強会を開催致しました。

作り手4名を選出、他会のメンバー5名、メンバー外の若手6名、計15名でとり行いました。

今回の題材は今年も浜松市の二俣にある片桐氏の食事処にて浜松三星会と新年会&交流会を行いました(今回で5回目)

wasabi静岡としてはただ食べて飲んでではいけないので、猪を使った料理「私とジビエ」と称し、皆でお披露目試食会を行ないました。

私は午前中に用宗の住居の清祓いを行なっていた為、少し遅刻での参加

3番バッターとして打席に立ちました。

・1番ATO亜星くん
猪バラ肉を使ったグリルと海苔を使ったソースで肉の焦げにも負けない肉肉らしい食感の良い猪料理

肉の歯応えと風味、脂身の甘さが際立った、ワインというよりコクのあるビールが飲みたくなる味わいでした。


3月の始まり  盛り沢山のいちにち_d0099845_21064903.jpg


・2番コンパクト コンちゃん

蕎麦粉を使ったグジェールと猪肉のリエット

蕎麦粉の風味とリンゴの酸味食感が合わさったカワイイコンパクトな一品
とても印象的な美味しい一品でした。

3月の始まり  盛り沢山のいちにち_d0099845_22293392.jpg



・3番カスターニョ(休業中)稲見

若手が多い中での調理はある意味緊張します。
同年代や先輩方の前では違ったピリピリとした緊張になりますが、若い子達の一品な込めた思いを伝え感じとってもらえる料理にしなければなりません。
良い意味で緊張いたしました。

良い状態の猪肉は食べている餌や血抜きも良く脂に臭みがなくとても滑らかで優しい脂にかんじました。
少し前の寒桜の時期に桜が咲き桜の花の塩漬けを仕込み、由香ちゃん特製の梅干しの梅酢も使って桜の花の香り高い風味と色合いを春らしく調理致しました。

作った料理はリコッタチーズのラビオリでもありニョッキのようでもある丸いお団子状のパスタと猪肉のポルペッティーノ
使った材料は
・猪肉のバラ肉
・リコッタチーズ
・桜の花の塩漬け(自家製)
・松崎産 桜の葉の塩漬け
・猪肉のバラ肉の脂から取ったラード(自家製)
・卵黄
・バター
・パルミジャーノチーズ
・塩糀(自家製)
・セモリナ粉

と言った感じです

リコッタチーズに塩漬けの桜の花びらと卵黄を混ぜて、セモリナ粉と合わせます。

脂煮立て油分を取り出してラードを作ります。

猪肉はなるたけ赤身を取り出して塩糀と桜の葉で軽くプロセッサーにかけてサルシッチャのベースを作ります。

調理工程はリコッタのラビオリを茹で、ラードバター、桜の花で香り出しをしながら丸めた猪肉を焼いて火を入れていきます

仕上げはパルミジャーノチーズで絡めて桜の葉に乗せて桜餅のイメージでお皿で仕上げます。

3月の始まり  盛り沢山のいちにち_d0099845_21362639.jpg



・4番バッターのシンク 穂先君

芸術的な一品
 
猪肉の脂を使った料理、牛乳で煮出した脂を濾して、玉子の白色の黄身を使ったアングレーゼを炊いて仕上げたアイスクリーム

たけのこ芋のエスプーマと筍のコンフィのソテーと猪脂のアイスクリーム添え

温かい芋の風味と筍の香りと食感、動物性の持つコクのある油分の冷たいアイス
バランスも良い口の中で食感味わい風味が楽しめる一品でした。

3月の始まり  盛り沢山のいちにち_d0099845_22301856.jpg


どれもこれも美味しくお互いの個性が味わえたお料理でした。
何より良かったことが若手の学ぶ姿勢がとても印象的で、質問と感想が豊かで楽しい時間となりました。


開催者のwasabi静岡の勉強班と調理者の方々ご苦労様でした。







おまけ





本日は引っ越しに伴い出来上がった住居の清祓いをとり行いました。

自宅に神主さんに来ていただき祭壇がつくられ御供物をして清祓いが始まりました。


3月の始まり  盛り沢山のいちにち_d0099845_22104444.jpg


家のあちこちの部屋という部屋とトイレ風呂場内へお清めの紙吹雪を撒いていただきました。

ん〜ん  掃除が大変そう
3月の始まり  盛り沢山のいちにち_d0099845_22105395.jpg

お庭で鬼は外
3月の始まり  盛り沢山のいちにち_d0099845_22105423.jpg











その後、お父ちゃんは勉強会へ




その後、悠之◯と谷津山に登って新幹線と電車を見ながら夕暮れを楽しみました。



3月の始まり  盛り沢山のいちにち_d0099845_22244576.jpg

3月の始まり  盛り沢山のいちにち_d0099845_22245012.jpg

3月の始まり  盛り沢山のいちにち_d0099845_22245687.jpg


悠之◯くん、しっかり自分の足で歩いて登ってくれました。

今度からなかなか谷津山を登る事が少なくなるね









おしまい





# by 173-castagno | 2020-03-01 20:35 | 日々の日記 | Comments(0)