人気ブログランキング |

巴町の大きな栗の木の下で

ilcastagno.exblog.jp
ブログトップ
2019年 09月 24日

前回のリフォームの続き 小さな港町

前回の続き






住居側のビフォーアフターの途中経過の お話し


床の下材、壁と天井には断熱材も入れていただき、古い家が好きでも寒い家は苦手なちょっと矛盾している私ですが、昔住んでいた木造アパートの部屋とお風呂の寒さを思い出すのはやはり嫌なものです。


床材には栗板(カスターニョ)を使用してもらいました。
下板と天井は杉板を使用してもらい、洋風過ぎないよう、土間と合う落ち着く雰囲気にしてもらいました。



玄関を入ると奥の倉庫があった場所にはお風呂も設置され、外にあった倉庫へは中からも行き来してもらえる様にアイデアをいただきました。
下板の杉材の板の上に栗材の板を並べてもらいます。
前回のリフォームの続き     小さな港町_d0099845_01131678.jpg

壁には下板をはり今後珪藻土を塗っていきます
天井も張られ少しずつ空間が整って来ました。

前回のリフォームの続き     小さな港町_d0099845_01134083.jpg





土間からのキッチンへの空間は
この時点ではまだ向こうまで見渡せる骨組みだけ、向こうの空間がお店側になります

前回のリフォームの続き     小さな港町_d0099845_01115282.jpg

いつも顔を出す度に徳◯さんからは部分部分の最終決定を聞いてくださり、やはりここはこんな感じに変えられますか?という問いかけも親身に聞いて下さり、形にしてくれます。

これだけ住む人のわがままを聞いてくださり、考えてくださる方はそうはいないと思います。
とても感謝ばかりです。


前回のリフォームの続き     小さな港町_d0099845_01120173.jpg




天井が張られると一気に部屋らしくなり、天井が外の光を吸収して、部屋全体を明るくしてくれます、さらに住むイメージが湧いてきます。

前回のリフォームの続き     小さな港町_d0099845_01121066.jpg





キッチンのイメージ図です


前回のリフォームの続き     小さな港町_d0099845_01255617.jpg


由香ちゃんの背の高さや動きやすさ、キッチン下の扉のない取り出しやすく整理しやすい、棚も徳◯さんのお付き合いのある建具屋さんに作っていただきました。

床と同じ無垢の栗材を使用してもらい
既製品ではないので使うワクワク感が嬉しくなります。
前回のリフォームの続き     小さな港町_d0099845_01260756.jpg

飴色の引き出しは、取り壊す前に何かに使えるのではと、この家で長く使われていた色が褪せたタンスの引き出しを取っておきました。
その古い引き出しを半分に切って、このキッチンの引き出しにしてみればとアイデアを頂き、使ってもらいました。
使い込まれた金具がとても引き出しやすく、とても由香ちやんは気に入っていました。

栗材は水跳ねや汚れに対応する為に油脂でコーティングを施します。
前回のリフォームの続き     小さな港町_d0099845_01261876.jpg

ガス台はある雑誌に載っていた料理研究家が使用していたガス台を由香ちゃんが気に入り、調べたら静岡(東京)ガスグループが販売していたものだったので、カスターニョにもよくお越し下さるお客様に相談して販売していただきました。
前回のリフォームの続き     小さな港町_d0099845_01262335.jpg

とてもシンプルなデザインでオーブンの引き出し具合も使いやすく、何よりイタリアチックなデザインがとても気に入っていました。

前回のリフォームの続き     小さな港町_d0099845_01410502.jpg


途中経過のお話しでした。
続きはまた








おまけ



二階のまだ畳が張られていない床下にあった約47年前の新聞

上皇后様が皇太子ご夫妻当時の記事もあり、この様な記事は中々読む機会がないですよね

前回のリフォームの続き     小さな港町_d0099845_01472571.jpg

こんな車、親父の若き頃の写真に写っていた様な
前回のリフォームの続き     小さな港町_d0099845_01473976.jpg

モハメド アリとアントニオ猪木の格闘技記事
これも読んでみると面白いですね。

リフォーム中の家にも今の新聞を挟んで入れておこうかな?
悠◯助達が大きくなった時に読み返す事があるかも知れないしね。
こんな時代に産まれたのかと・・
前回のリフォームの続き     小さな港町_d0099845_01475376.jpg




そうそうまだブログでは移住・移転先をご紹介しておりませんでした。

お店ではご挨拶を兼ねて移転先を口頭で伝えておりますが、場所は静岡市内でもあり海と山に挟まれたとても静かで環境の良い地域

用宗です

前回のリフォームの続き     小さな港町_d0099845_01481659.jpg

防波堤に座り漁をしている船を眺め、町並みと山と青空を見ているとなんだか小さな島にたどり着いた気分になります。

前回のリフォームの続き     小さな港町_d0099845_16003636.jpg

穏やかな場所ですにで朝日もゆっくり浴びる事ができます。

前回のリフォームの続き     小さな港町_d0099845_16024611.jpg

前回のリフォームの続き     小さな港町_d0099845_15571463.jpg


前回のリフォームの続き     小さな港町_d0099845_15572232.jpg


前回のリフォームの続き     小さな港町_d0099845_15573181.jpg


前回のリフォームの続き     小さな港町_d0099845_15594412.jpg

高い建物が少なく海へ突き出た大崩れ海岸の山と波と風の音が小さな島そんな気分にさせてくれます。

是非、移転後に小旅行気分で散歩がてらカスターニョへお越し下さい。



近いですから











また、続きは次号で











# by 173-castagno | 2019-09-24 01:00 | 日々の日記 | Comments(0)
2019年 09月 23日

住居側のビフォーアフターのお話し



悠◯助くんが生まれて半年を過ぎた頃探し始めた移り住む地域、何度も何度も足を運んで休日を過ごし、家探しも始めました。

ある物件を紹介されてからも何度も見に行き、住む想像を作って過ごしました。

それから約一年半をかけて土地と物件の契約をしました。

その間に知り合うことの出来た建築屋さんの前島の徳◯さん
古い家に住む為の不安や細かな事を相談し、時間をかけて住む家づくりにお付き合いしてくださっております。

この頃、何故か住むを探していたのですが、世の中の情報の早さには驚きました。
確かに広い家なので店舗の移転も並行で考えてはいましたが、そうそうに移転するんだって?と問いかけられる事が多くなったのもこの頃です。


ま〜するつもりでいたこの頃でしたのですが、契約すらしていない状況で確かな返答は出来ないでいました。


こんなで家探しから約二年が経ちましたが、この時間を大切にしてきたので、いろいろな方と知り合う事もでき、これからの住む為の宝となりました。






何度も足を運んでくれた悠◯助くん

住居側のビフォーアフターのお話し_d0099845_23285725.jpg


お父ちゃん、家と青空が気に入ったよと言わんばかりの悠◯助くん
住居側のビフォーアフターのお話し_d0099845_23311577.jpg


住居側のビフォーアフターのお話し_d0099845_23512732.jpg

寒くなった時期にも足を運び、冬場の生活をイメージしました。
住居側のビフォーアフターのお話し_d0099845_23513171.jpg

人が住まなくなった家の庭は鬱蒼とし始めていました。
約8年空き家になっており、家主だった方はちょくちょく建物に風を通しにきていたそうです。
住居側のビフォーアフターのお話し_d0099845_23513885.jpg





そんな時期を過ごして始まった工事


徳◯さんの相談のもと、由香ちゃんとイメージを膨らませながら、自分が描いたイメージ図を元に徳◯さんに改装し始めて頂きました。

まずは住居からのリフォームが始まりました。
お店側は住居側が出来上がった後着工に入ります


裏口兼倉庫的な空間だったところを、住居の玄関にして、新しく土間をイメージしました。
住居側のビフォーアフターのお話し_d0099845_23593768.jpg

昭和後期のちょっとした庶民の贅沢な空間の部屋
住居側のビフォーアフターのお話し_d0099845_00014373.jpg

まずは取り壊し作業に入りました。

住居側のビフォーアフターのお話し_d0099845_23594736.jpg


玄関はちょっと落ち着いた昔っぽい雰囲気へ

住居側のビフォーアフターのお話し_d0099845_00151202.jpg



土間から見た畳のある部屋に改装
もともと古い建物の方にあった建具をこちらの部屋で使う事にしました。
長い時間かけて使われてきた物を生かす事で、新しく作られた場所に落ち着きを醸し出してもらう手助けをしてもらいます。

住居側のビフォーアフターのお話し_d0099845_00152684.jpg
洋風だった部屋は畳と土間のある空間へ
土間も繋がった部屋の一部にします。
もちろん冬場は寒いので建具で仕切れる様にします
住居側のビフォーアフターのお話し_d0099845_00152872.jpg

薄暗かったダイニングキッチンも部屋全体を見渡せる様に形を変え、子供達と会話が生まれる空間にしてみました。

(この辺でビフォーアフターの音楽が流れるイメージです)

住居側のビフォーアフターのお話し_d0099845_00153072.jpg

玄関を入ると土間から見えるダイニングキッチンの奥行き
住居側のビフォーアフターのお話し_d0099845_00153213.jpg


こんな寒々しいお風呂はやはり、今後歳をとったときには私の身体にはかなり応えるので、古い雰囲気は好きですが、暖かいイメージのお風呂へ変更しました。

特に人一倍寒がりの自分です
寒がりは誰よりも負けません。
住居側のビフォーアフターのお話し_d0099845_00304927.jpg


もともとお風呂があった場所を脱衣所兼洗面所に、その奥にあった倉庫をお風呂場にしました。

住居側のビフォーアフターのお話し_d0099845_00305132.jpg




いったん壁に天井、床は剥がされ、柱の入り具合で徳◯さんに変更が可能かどうかを判断してもらいます。

住居側のビフォーアフターのお話し_d0099845_00390901.jpg


住居側のビフォーアフターのお話し_d0099845_00391455.jpg

この奥の倉庫だった空間がお風呂になります
ここも土間だった様ですがセメントを叩いただけの土間なので、もっと暖かい雰囲気の叩きにしてもらいます。

住居側のビフォーアフターのお話し_d0099845_00412558.jpg

住居側のビフォーアフターのお話し_d0099845_00393077.jpg

住居側の鬱蒼としていた庭もモチノキも剪定してもらい、外にあった厠も取り壊して頂き、新たに庭造りができる状態にしていただきました。


住居側のビフォーアフターのお話し_d0099845_00523213.jpg

裏路地は人しか通れない道
こちらにもちょっとしたアプローチを作ろうと思っています。
住居側のビフォーアフターのお話し_d0099845_00523911.jpg




いったんここまでも住居のビフォーとします



続きはまた次号でご紹介致します





おしまい









# by 173-castagno | 2019-09-23 23:21 | 日々の日記 | Comments(0)
2019年 09月 21日

休日の話ばかりですが



ご無沙汰しております

ブログを書く時間がなかなか無く
料理写真も撮れずじまいです

だけどご安心をお父ちゃんと悠◯助の時間の写真は撮っております

お馴染み塩糀キャラメルのジェラート

器は奈良の作家さんで下皿は滋賀の作家さんです

焼き物は温かくしても冷たくしても保温性が良く素晴らしいな〜と思います

休日の話ばかりですが_d0099845_00523283.jpg


料理写真これしか撮れていません

只今、夜の営業は5〜6名様までのご予約となっております。
大変ご迷惑をおかけしますしております

営業日は月曜日定休日
火曜と金曜昼の営業はお休みです
仕込みでお店にはいますので、予約等のご連絡は承っております。

尚、只今火曜日の夜もお休みとなっております









【お父ちゃんと悠◯助の時間】



月曜日の祭日
この日は鉄道の旅となりました

まずは静岡鉄道で草薙駅へ
東海道線に乗り換え一旦興津駅へ
その後向かった先は吉原駅の岳南鉄道

悠◯助くん電車三昧
休日の話ばかりですが_d0099845_01044441.jpg


吉原本町の神社で旅の安全と、ある願いを込めて参拝の悠◯助くん、届いたかなお兄ちゃんの思い

休日の話ばかりですが_d0099845_01045394.jpg


しっかり参拝出来たのでご褒美です

数年前にテレビで見かけたフルーツ屋さんの入り口似ているな〜と思い、もしかしてと入店すると、あ〜ここなんだ〜と思い噂のフルーツゼリーを悠◯助くんと頂く事にしました。

どれがいい?と聞くと、ブルーーベリ⤴︎と答えました。

ブルーベリーをお口に頬張るとおいしいね〜と答える悠◯助くん、幸せそうでした。

お父ちゃんが頂戴と言うと、今回は独り占めしたかったようです。
休日の話ばかりですが_d0099845_01050193.jpg
他にも昭和の名残のあるおせんべい屋さんを覗いたり、ポストの前でポーズをトラしたり、お散歩を楽しみました。
休日の話ばかりですが_d0099845_01051120.jpg


せっかく岳南鉄道の一日フリー券を購入したのですが、二つ目の駅を下車したのち散歩しすぎて、戻るのもなんなので、バスで富士駅手前まで、バスの旅に切り替えまさした。

知人のイタリアンに行ったのですが定休日
途中寝てしまった悠之◯を抱っこして、富士のシャッターが閉まる商店街で昼御飯探してを歩いていたら、駅まで着いてしまいました。

駅のカフェでお昼にしました。
休日の話ばかりですが_d0099845_01071768.jpg


休日のお父ちゃんと悠◯助の小さな旅でした。

そうそう以前ちょっと悠◯助とイタリアでも行ってこようかなとブログに書きましたが、最近海外へ行っていなかったせいなのか、どこへ行くにも乗り物や施設がタダの悠◯助くん、確か飛行機チケットはもう子供料金なのは理解していたのですが、お父ちゃんすっかり悠◯助のパスポートを取ることを忘れていました。









おまけのオマケ

最近、火曜の夜の営業をお休みしています
昼仕込みを終えて夕方悠◯助を迎えへ行ったのち、そのまま公園まで遊びに行くと同じくらいの子達がいたので、一緒に遊ぼと言って来なさいと行かせてみました。

すぐに知らない子同士ですが、滑り台で遊びだし言葉もまだまだままならないのに、楽しそうに遊び始めました。



休日の話ばかりですが_d0099845_15335054.jpg

休日の話ばかりですが_d0099845_15335477.jpg
子供達が自分達で遊びを考え、順番を守らなかったり、譲り合わなかったり、ルールを守らない時は親が注意をしてあげ、怪我をしないようお互いの親が見守る事が大事だと思う夕暮れの時間でした。
休日の話ばかりですが_d0099845_15335631.jpg

また来ようね











# by 173-castagno | 2019-09-21 00:51 | 日々の日記 | Comments(0)
2019年 09月 14日

満月の夜

昨夜は十五夜のお月さんでしたね。

家路に着いた頃には天高い満月しか拝めませんでした。
それでも月夜を眺めながら月光浴が出来たので良しと致しましょう。





毎夜、団体様お一組様か、少人数の二組または三組様のみとなってしまっておりますが、
なにとぞご理解のほど宜しく申し上げます




シラスとアンチョビのブルスケッタ
イチジクとゴルゴンゾーラのブルスケッタ
満月の夜_d0099845_23241573.jpg

駿河湾のタチウオと四角豆、レモンバターソース
満月の夜_d0099845_23242041.jpg
しらすのアーリオオーリオ エ  ペペロンチーノ
満月の夜_d0099845_23242547.jpg

宮崎県産 黒毛和種のグリル
ポルチーニクリームソース
満月の夜_d0099845_23243061.jpg


 この日はお誕生日会

右奥から
栗のロールケーキ
グレープフルーツのフラン

奥ジェラート
ライムバジルのジェラート
塩麹入りキャラメルのジェラート
シナモンバジルのジェラート

手前
ビスコッティ各種
胡桃とフランボワーズ風味のブラウニー

毎年、カスターニョ を選んで頂きありがとうございます。
来年は場所を移しての誕生日会お待ち申し上げます。
満月の夜_d0099845_23243993.jpg




秋の田の仮庵(かりほ)の庵(いほ)(とま)をあらみ わが衣手(ころもで)露にぬれつつ
満月の夜_d0099845_23560756.jpg

秋近しって感じです
久々に椎茸を頂きに玉取まで足を伸ばしました
満月の夜_d0099845_23542322.jpg
そんな一時の風景です

満月の夜_d0099845_23543108.jpg
タニシがいっぱい
満月の夜_d0099845_23562807.jpg


秋はもそこまでって感じですね







おまけ


「お父ちゃんと悠◯助」


その1
秋を感じる瞬間


朝晩冷え込み始め我が家では夜中にエアコンが使用されなくなり、お父ちゃんは久々に悠◯助君と添い寝ができる時期となりました。

雷が鳴る夜に久々に添い寝をしようとしたら、お父ちゃん☺️お父ちゃん☺️って声に癒され枕元に近ずくと、お父ちゃんあっち👉、😐?、え?何と聞き返すとお父ちゃんあっち👉、枕、枕、と言われました。

枕に触らないでって事らしいです。
お父ちゃんやっぱり一人で寝る事に・・・






その2



いつもの様に保育園から戻った悠◯助と家へ向かい、直ぐに店へ戻らなけばならない状況で、悠◯助にちょっかいを出し、ギューしてあげる!と言って頬擦りすると、イヤヤメテ🤕イヤヤメテと言われました、ここまではいつもの調子です。
なんと今日は、イヤヤメテ🤕イヤヤメテ🤕
なんでいいじゃんよ〜としつこくすると、お父ちゃん帰って・・?お父ちゃん帰って!と言われ、どこに?って言い返すと、なんと悠◯助君、帰って!お店、帰って!お店と言われてしまいました。

お父ちゃんの帰るところはお店なのか〜😩と、   ちょっと落ち込みながら、カスターニョ に戻りました。

あっという間に成長していく悠◯助君
嬉しいですがほんのりチョット寂しい秋の始まりの一時でした。




「懐かしい時間」

満月の夜_d0099845_00284040.jpg










おしまい








# by 173-castagno | 2019-09-14 23:22 | 日々の日記 | Comments(0)
2019年 09月 05日

一つ一つ 一人一人 丁寧に ・ 記録よりも記憶 の話し

只今、夜の営業は一人でやっているため、皆様にはご迷惑をおかけしていますが、6名様程まで又は2組様がお料理をしっかり作り、少しお話が出来る人数となっております。



こちらの写真は週末にお越しになられたお客様、5名様以上の6名様のご予約でしたのでコース料理でのご予約、会社の皆様ご苦労様会的な食事会の時間でした。


撮れていない料理もありましたが、この日のお料理です


泡で乾杯に合わせて自家製イチジクパンとイチジク、ゴルゴンゾーラチーズのオーブン焼きのブルスケッタと幸寿豚自家製ハム添え
一つ一つ 一人一人 丁寧に    ・    記録よりも記憶 の話し_d0099845_00205755.jpg


諸子沢大アマゴの甘酢漬けと冬瓜ピクルスに根菜のカポナータ

一つ一つ 一人一人 丁寧に    ・    記録よりも記憶 の話し_d0099845_00205959.jpg


コリンキーと豆乳の冷製スープ
写真なし

由比のイナダとトマトのラグー
パスタ スパゲッティ
こちらも写真なし



南瓜のアマレット風味のパスタ カペレッティ
焦がしバターパルミジャーノソース

一つ一つ 一人一人 丁寧に    ・    記録よりも記憶 の話し_d0099845_00224948.jpg

駿河湾 太刀魚の香草パン粉焼き
アソビカルチャーの茄子と四角豆の焼きお野菜とミニトマトソース
一つ一つ 一人一人 丁寧に    ・    記録よりも記憶 の話し_d0099845_00210511.jpg


宮崎黒毛和種 うちモモ肉と塩糀玉葱のロースト ツルムラサキ添え
ポルチーニソース

一つ一つ 一人一人 丁寧に    ・    記録よりも記憶 の話し_d0099845_00210980.jpg

ドルチェ


男性だけの会でしたが、皆様楽しそうにお酒を交えながらお料理を堪能していただき、お料理の感想もいただく事ができ私にとっても良い仕事をさせていただきました。
ありがとうございました。

皆様、またお待ちしております。


カスターニョ  稲見









おまけ



お手伝いロボ出動

ラジャー

[せ]洗濯物を取り込む

悠◯助!引っ張ると洗濯バサミが壊れるし洋服が破けちゃうからやんなくていいよ〜と言うのですが、楽しそうに引っ張っては部屋へ投げ入れます。

全部取り込んだらもの凄い笑顔で戻って来ました

お手伝いロボ終了

ありがとう、またお願いね〜

一つ一つ 一人一人 丁寧に    ・    記録よりも記憶 の話し_d0099845_21012864.jpg
※お母ちゃんは洗濯物を部屋へ投げて入れるので悠◯助くんも真似したんだね。






登園途中でクラスメイトとバッタリ

手を繋いで行きなと言うと自分から手を繋いで登園です。

たくさん友達作ってね

一つ一つ 一人一人 丁寧に    ・    記録よりも記憶 の話し_d0099845_21174534.jpg





この日も朝は早くから起こされます

綺麗な朝焼けです

早起きは三文の得です


一つ一つ 一人一人 丁寧に    ・    記録よりも記憶 の話し_d0099845_00212788.jpg


もうすぐお月見ですね







おまけの悲しいオマケ






またまた悠之助君と海で遊ぼうとして、靴を履いたまま波打ち際で波を逃げながら遊んでいると、ビックリポン!

たまに来る大きな一本の波ににやられました。

48歳のお父ちゃんは逃げ遅れ砂利に足を滑らせ尻もち、その後水道で水遊びをしたのちお昼ご飯を食べに向かう時、アッ!携帯が無い

戻って浜辺を捜索しましたが、時すでに遅く波際は満ちており、さっきまで遊んでいた場所は海の中

ボー然

そんな悲しいオマケでした。




# by 173-castagno | 2019-09-05 21:00 | 日々の日記 | Comments(0)
2019年 09月 04日

夏が終わったね



アマゴの甘酢甘露煮と冬瓜とコリンキーのピクルス添え
夏が終わったね_d0099845_23142773.jpg
富士宮幸寿豚のグリル


頂いたゴーヤをバックに入れて1日出すのを忘れたらビニール袋の中で破裂してビックリ

パスタの具材でどうすれば美味しくなるかな〜って試作したら、ゴーヤ、パンチェッタ、バター、レモン、パルミジャーノチーズで仕上げたら美味しく出来ました。
バターやチーズで苦さが和らぎレモンが締めてくれた為、あとを引く美味しさになりました。
夏が終わったね_d0099845_23161276.jpg


カフェシェケラートとランチの、お米とアーモンドのドルチェと醤油糀とキャラメルのジェラート
夏が終わったね_d0099845_23143180.jpg
こっちはシナモンバジルのジェラート
左がクルミとカカオのビスコッティ
右がタイムとレモンのビスコッティ













おまけの休日



朝5時半過ぎ

おとうちゃん起こして
温泉行くよ

あ〜そうだ約束したね〜

六時半美人湯へ

広いお風呂はとても喜びます
ゆっくり浸かりたいですがそうもいきません
シャワーで遊んだりあっち!あっち!あっち!
と移動します。


さて、戻って朝食です

悠◯助!今日は用宗の城山に登って新幹線を見よう!

最近お出かけ用リンゴジュースをどこに隠しても見つけます。
だ〜メ、お出かけの時だけ
と言い聞かせます。

途中までは車ですが登り口からは自分で歩いてもらいます。

上まで歩けたらジュースあげると物で釣って歩かせます。
一気に飲んでしまうのでちょっとずつを覚えさせています。

毎回、貸切です
皆さんもどうぞ!
ご自由に
マンションやビルの上より良いですよ
近いしすぐ登れるし綺麗だし
夏が終わったね_d0099845_23305590.jpg
 う〜と           ↑この辺かなリフォーム中の家は




山登ったらまだ十時半なので公園でサッカーです
うううううまい!
最年少リーガーになれるかも
夏が終わったね_d0099845_23305772.jpg



夏終わっちゃったね〜
この前滑り台やったね〜
ビックリしたね〜
夏が終わったね_d0099845_23314574.jpg

海にも言っておこうね〜

お山に登る際は大体近くに神社があるので挨拶してから登らさせてもらいます。

海も同じですね
ありがとうまた来年ね〜

夏が終わったね_d0099845_23320376.jpg


さあ今度はお昼ご飯を食べに戻ります


おとうちゃん眠いので昼寝を強制させようとしますが、寝てくれません。

全然ねないのはやはりおとうちゃんと唯一遊べる日なのだからと感じました。


じゃセノバ行こう

もちろん歩いて行ってもらいます
エスカレーター乗って登って降りて、次は鷹匠町散歩、電車見て公園に行って遊びました

頑張れもう少しだ!虎刈り悠◯助


夏が終わったね_d0099845_23310953.jpg


お休みはすぐに終わっちゃうね〜













おしまい




# by 173-castagno | 2019-09-04 23:13 | 日々の日記 | Comments(0)
2019年 08月 26日

八月最後の休日 26日27日はお休みです

諸子沢のアマゴ

こんな感じになりました
さっと炙って白ワインとバター赤シソで香りづけしました
八月最後の休日  26日27日はお休みです_d0099845_14430858.jpg

八月最後の休日  26日27日はお休みです_d0099845_14431472.jpg

こちらは甘酢甘露煮




スコーン
八月最後の休日  26日27日はお休みです_d0099845_14435212.jpg

お誕生日プレート

八月最後の休日  26日27日はお休みです_d0099845_14440526.jpg








おまけ



日曜日
悠◯助達は西へ

八月最後の休日  26日27日はお休みです_d0099845_14445592.jpg

おとうちゃんは一人仕事
朝からお店の掃除
セッティング
仕込み
出迎え
接客
調理
トーク
片付け
厨房周り掃除
洗い物
賄い
ちょっと休憩

夜同じ

一人はなかなか大変だが、やってみると意外と面白い
自分で調理した料理を自分で提供して感想を聞く、改めて大事なことだと感じる。
ちょっと忙しいが、やった感を感じれる。


日曜日も無事に終える事ができ帰宅
そう誰もいないんだった。



休日の朝、一人早起きして朝ドラ見てから
おとうちゃんは一人東へ向かいました。

新幹線使っても伊東線は連絡が悪いので、鈍行で揺られる旅にしました。
さすがに2時間もエアコンのきいた車両にいると寒くてたまりません。

夏の暑さも和らぎ我が故郷を歩いていても、そこまで暑さで体力を奪われる事がなくなりました。

ちょっと寄り道
43〜4年前に通っていた八幡野幼稚園
八月最後の休日  26日27日はお休みです_d0099845_14473071.jpg

まだ健在でした。
懐かしいが昔の遊具遊んだジャングルジムなどはなく、ただ砂場の位置はそのままでした。
皆ここで山を作り穴を掘り泥遊びをしたんだな〜と懐かしみました。


さらにここは幼き頃住んでいた家
平屋の中庭もあった広い家、敷地内にお寿司屋と美容院もあり、庭には大きな桜の木が二本と梅の木もありました。
(一応人の家なので遠めで)


八月最後の休日  26日27日はお休みです_d0099845_10040173.jpg

家の向かいにある石碑
6歳の時、震度5強の地震がありこの石碑も揺れたっけ。
怖かったよなー

八月最後の休日  26日27日はお休みです_d0099845_16580223.jpg

お墓まいり途中にある椎の木
鎌倉時代前よりあるらしいよ
いっつもこの木を見上げていたな
何歳になってもこの木に比べたら自分はまだまだ若いな〜なんて感じます

八月最後の休日  26日27日はお休みです_d0099845_17023988.jpg

お墓まいり後にいつもの定食屋さんへ
一人ご飯(鯵丼御膳)

あっ山芋が乗ってる!
せっかくの盛り付けでしたが、山芋だけ取り除いていただきました。
極度の山芋アレルギーなのです。
八月最後の休日  26日27日はお休みです_d0099845_17024213.jpg


高原内の分譲地を散策していたら道に迷ってしまった。相変わらず方向音痴です
八月最後の休日  26日27日はお休みです_d0099845_10120835.jpg
伊豆高原駅に到着
昔から変わらないかわいい色の東海バス
八月最後の休日  26日27日はお休みです_d0099845_10120959.jpg


伊東のど真ん中のアーケード
やはり閑散としているな〜
八月最後の休日  26日27日はお休みです_d0099845_10135848.jpg

とにかく外国人が多い

八月最後の休日  26日27日はお休みです_d0099845_10175630.jpg

今日泊まるゲストハウス
伊東市指定文化財にされている建築物の宿
手前東海館、奥ケイズハウス
八月最後の休日  26日27日はお休みです_d0099845_10162357.jpg

ケイズハウス

八月最後の休日  26日27日はお休みです_d0099845_10162521.jpg

地元にいた際は利用しなかったのですが、改めて訪問客として訪れるといいものです。

やはり年月が経っている建物は落ち着きますね
8割外国人の宿泊客です。



レトロ感覚たっぷりです


一人部屋もなかなかです


展望室



昔の手洗い場





温泉もあってフリースペースも充実感あり
とにかくスタッフの対応がとても良かった事がくつろげたのだと思います。

次回、伊東に来た際は家族で利用したいところですね。

ぜひ皆様も伊東にお越しの際は利用してみて下さい。







長々今回は書いてしまいました。



おまけのオマケ

50歳前に友人達と飲み明かしてしまい
グデングデンのおとうちゃん
やはり学生時代の友人と飲むと
羽目を外してしまいます

反省の朝でした。






# by 173-castagno | 2019-08-26 10:37 | 日々の日記 | Comments(0)
2019年 08月 20日

家族で過ごす夏休み 2019年夏


お盆明けの第三月曜火曜日と連休をいただき
ゆっくり夏休みをしてきました。

お料理の写真を撮る余裕もなく、ここのところ家作りのブログばかりでしたので、改めて店内の画像を紹介致します。

2004年イタリアから戻り翌年の2005年1月25日からオステリア イル カスターニョをオープンして来年には15周年を迎えます。

ここまで続けてこれたのも通ってくださるお客様があったからだと思っております。


家族で過ごす夏休み  2019年夏_d0099845_21054255.jpg

この14年半には何人もの若い子が働いてくれたのも続けて来れた一つでもあります。
皆自分の道へ進み、ある子は自分のお店を持っている子もいます。


家族で過ごす夏休み  2019年夏_d0099845_21041744.jpg

なかなか10年同じ場所で続ける事の難しい飲食店業界、15年は自分でも自分を褒めていいのかな〜て少し思います。

ただ続ければいいものでもないのもわかりますが、食べに来てくださった方々の1ページになっていれば十分なのかな〜とも思います。

一人で通い続けてくれる人もいれば、御夫婦で14年半通ってくださり、カップルから結婚して記念日で使ってくれたり、小さかったお子様も今では中学・高校・大学生になっている子もいれば社会人になり家庭を築いている方々もいます。

やはり続けている意味はあるのかと感じます。

来年には移転することになりますが、カスターニョの名前はそのまま引き続き店名として続ける事になります。

また新たな地になりますが、ぜひ通い続けていただくと嬉しく思います。
家族で過ごす夏休み  2019年夏_d0099845_21041997.jpg


定番のテーブルで語り合う御夫婦もいれば、常にカウンターで僕のあたふたした姿を見続けてくれたお客様、いつも家族と一緒に会話と食事を楽しんでくれたご家族、思い出ギッシリです。
家族で過ごす夏休み  2019年夏_d0099845_21054813.jpg

まだもう少しここ巴町で頑張りますので、引き続き宜しくお願い致します。



カスターニョ 店主
稲見 謙司・由香









おまけ


休日の続き

家族で過ごす夏休み  2019年夏_d0099845_21392720.jpg


昨日は沢で遊び
今日は海岸


家族で過ごす夏休み  2019年夏_d0099845_21395447.jpg

山から海へ流れる水をたどって改めて静岡の良さをお伝えします。

南アルプスや山々から流れる水流は各沢を作り、川へ流れ込み、海へ流れて行く水流
この場所で生活させてもらっていると感じます。



なにかを訴えている話ではないですが、今静岡県とジェイアール東海と協議がなされている事も同じ水流の話で、源流を壊せば下流や海や深海に変化は生まれます。

我が故郷、伊東の八幡野のメガソーラー問題も小さな一つの土地の話ですが、この大きな問題となんら変わりない話の一つだと思っています。

一つ一つ見つめるだけで良い解決策が生まれるのかなと沢と海で遊んで思いました。
未来で生きる生き物達へ

おとうちゃんのひとり言でした。





今いる命と新しい命へ続くお話しでした。

家族で過ごす夏休み  2019年夏_d0099845_21431607.jpg


なぁ悠◯助!





おまけのオマケ

暑すぎるので帰りに井村屋のあずきバーを頬張りました。

家族で過ごす夏休み  2019年夏_d0099845_21454366.jpg


お盆も明けておじいちゃんの気配がどこにもなくなり、無邪気な小坊主に戻りました。











おしまい







# by 173-castagno | 2019-08-20 21:03 | 日々の日記 | Comments(0)
2019年 08月 19日

真夏から夏の終わりに近づいていますね


さてさて皆さまお盆休みも終わってお仕事ですか?

帰省した人もいれば、待つ側と送る側の家族、国内旅行に海外旅行、沢山思い出詰めて明日への活力になったのではないでしょうか。



イチジクとゴルゴンゾーラチーズとハチミツのブルスケッタ
真夏から夏の終わりに近づいていますね_d0099845_21575123.jpg

最近はお客様の人数を自分がやれる範囲で制限させていただき、仕込み→セッティング→出迎え→オーダー→サービス→調理→盛り付け→サービス→会話→調理→サービス→会話→洗い物→片付けなどの繰り返しをさせてもらうと、改めてお客様から直接意見を聞く事で、何か忘れかけていた物を取り戻せている感じが致します。
ぜひご予約はお早めに







お客様からポルトガルのお土産をいただきました。
ポルトガルへ訪れたのはかれこれ18年も前くらいですかね
沢木光太郎の深夜特急の夜をこの当時読んでいたせいか、訪れたある場所が初めて来たのに、道も風景も一度訪れた事があるような錯覚に陥りましたね。
それだけのめり込めた本の一つですね。




何かな〜って開けてみると
真夏から夏の終わりに近づいていますね_d0099845_21575429.jpg
イワシの缶詰が現れました

レトロぽいデザインですがよくみると最近の立体感こあるデザイン

さてさてどうアレンジして食べようかな?
真夏から夏の終わりに近づいていますね_d0099845_21575813.jpg







 おまけ


【家族の暮らしの時間】

この時点では基礎もでき、ガス管、上下水道の設置、電気配線など埋め込まれるものはすみ、住宅のキッチンの配置やトイレ風呂などなどのデザインは決まり、いよいよ床をはめていく作業に徳◯さんは入りました。

床も下材も通気性と歪み対策の為しっかり杉板材をはめてから、上に栗板材をしてくれています。
この奥がキッチンとなりますが、ステンレス製のL字も特注、キッチン下の棚も余計な扉など無いデザインを建具屋さんへ発注してくれました。
もちろんこちらも徳◯さんが建具屋さんとじっくり話してくれています。

特に注意してくれている事が僕が直接他の職人さんと話さない事です。
まず徳◯さんが聞いて下さり、それに対して彼の仕事のイメージを作り上げてくれています。

真夏から夏の終わりに近づいていますね_d0099845_10530739.jpg

土間手前の骨組みも外され、二階を支える補強材なども入れられてから、土間と畳の部屋にこの家にあった古い建具をはめてくれます。
以前の作りと違ってたくさん光が差し込むようになりました。

壁、天井には断熱材を入れて下さり、古い家にある寒さ対策、天井裏に熱がこもる対策を施してくれています。

真夏から夏の終わりに近づいていますね_d0099845_10532176.jpg

ほとんど自分が描いたデザインを実現に近いようにしてくれています。

この位置に風呂、洗濯機、洗面台、トイレなども時間を使っていただき、自分の思いを聞いて下さります。
お風呂選びもショールームまで付き合ってくれ、由香ちゃんの意見を聞き入れてくれています。
真夏から夏の終わりに近づいていますね_d0099845_10532856.jpg

そうそう、ここの土地には井戸水も出ていて、しっかり検査期間に水を持ち込んで水質検査をしてもらいました。

家だけで使うのはもったいないと思い、徳◯さんの勧めもあって飲食店用の検査に切り替えました。
2週間後の検査結果も全て問題なく検査結果出ました。

家に井戸水を持ち帰りお茶とコーヒーを落としたのですが、普段飲むものより味に尖りがなくなり円やかな印象を受けました。

以前、諸子沢の佐藤さんのお茶のイベントの際も、お店で作った茶のパスタより、現地での水で作った時のパスタ料理が更に美味しいと感じた事があります。

温泉効果と一緒ですね、水質によって治癒能力のある湯もあれば疲労回復、その他諸々の効果がありますしね。

やはり自然の恵みを大切にしなければと感じます。




栗の木の板張りの開始です

夏場のこの時期を基準に、湿気、温度などを計算して床の合わせ具合を調整して貼っていきます。徳◯さんの性格上丁寧に丁寧に扱ってくれます、乾かす日数を考慮して他の業者は一切入れずに、汚れやシミを作らないようにして下さいます。


真夏から夏の終わりに近づいていますね_d0099845_22230930.jpg


今度は貼られた床にオイルコーティングをする為、二人で蝉の鳴く声を聞きつつ何種か用意してくれたオイルを端切れ板を使って塗ってみてはどうかな〜って?
首を傾げたりもして考えました。
一度塗り二度塗り三度塗り、コーティングワックスのみとか、壁の色調をイメージしてこっちの方がいいんじゃない、みたいな感じです。

こういう会話って「住む」を作ってもらってるって感じで嬉しくなります。

真夏から夏の終わりに近づいていますね_d0099845_22242536.jpg

板の木目の場所によってオイルの染み込み具合によって綺麗なムラに仕上がります。
どう仕上がるかは塗って見ないとわからないのが、自然の板を使う面白さです。
ただ自分はこの仕上がりは直接見る事が出来なかったので徳◯さんにお任せして、次の作業に入る為シートカバーをしてもらいました。
出来上がってからのお楽しみになりました。

徳◯さんからLINEで仕上がりの写真
真夏から夏の終わりに近づいていますね_d0099845_15063742.jpg


ここは厨房奥はお客様用御手洗、どの奥は勝手口、このような割合になったのも希望したイメージもありますが、家と店舗って法律や融資などの絡みがいろいろあって、なんでも自由に出来るようで出来ないのが、この日本の物件事情なのだと今回感じました。
自分の土地と言ってもお国から借りている土地なのかなって思っちゃいましたね。


真夏から夏の終わりに近づいていますね_d0099845_22242963.jpg


さてここをどんな感じな庭造りにしようか只今思案中です。
真夏から夏の終わりに近づいていますね_d0099845_22232710.jpg





おまけのオマケ





【悠◯助くんの食育日記】



毎日、おとうちゃんぬかづけ!と言って一緒にかき混ぜます。

泥アソビのようにぐちゃぐちゃペッタンペッタンして遊ぶ感じです

きゅうり!ダイコンだけどカブ!ニンジ!と言ってかき混ぜます。

真夏から夏の終わりに近づいていますね_d0099845_16290574.jpg


朝5時に起され朝食が6時に始まった今日のお休み
じゃ諸子沢の黄金みどり茶の佐藤さんとこにお茶とアマゴを買いに行こうと、早くから出発。

お父さんが育てる立派なアマゴを悠◯助くんは怖がりながらも近寄ってきてなでなでしました。
その場で血抜きと締めさせてもらい持ち帰ることに
真夏から夏の終わりに近づいていますね_d0099845_16291047.jpg

しっかり生きている物が食べている物になる事を理解してもらいます。
アマゴさんにありがとうと言い、お父さんにいただきますと言い、食べさせてもらう時にいただきますをもう一度言います。
自分がさっき頂いてきた生き物も美味しいと言いながら美味しそうに食べていました。

真夏から夏の終わりに近づいていますね_d0099845_16291270.jpg
沢の側に生えていたシソとスダチとお醤油でいただきました。臭みも無く甘く美味しいアマゴですよ。
ぜひ食べに来て下さい。



更に近くの沢で遊んで来ました。
涼しく気持ちの良い午前中でした

真夏から夏の終わりに近づいていますね_d0099845_16423991.jpg

真夏から夏の終わりに近づいていますね_d0099845_16424947.jpg


途中、田んぼに稲穂が実り初めていたので皆で眺めていました。
トンボが飛び始めていますね

今年の初夏から夏にかけて天候不順が続いたので、穂の実りはどうなるのでしょう。



真夏から夏の終わりに近づいていますね_d0099845_16425098.jpg













おしまい






# by 173-castagno | 2019-08-19 16:40 | 日々の日記 | Comments(0)
2019年 08月 16日

お盆と台風

お盆休み
台風の影響で皆様身動き取れない方々や、鉄道や飛行機に船などが運行出来ないところも多く、旅行をキャンセルの方も多いのではないでしょうか?




カスターニョの最近のお料理

赤しそ風味のサワラとトマトのパン粉焼き
焼き茄子添え

お盆と台風_d0099845_00054667.jpg


由香ちゃんの賄いピッツァ ゴルゴンゾーラ
お盆と台風_d0099845_09172278.jpg


醤油糀キャラメルのジェラートと伊東のミカン自家製ジャムのレアチーズ

お盆と台風_d0099845_09180297.jpg


手前
レモンとタイム風味のビスコッティ
オートミールバー ビスコッティ

お盆と台風_d0099845_09170417.jpg










【家族の暮らしの時間】


表の厠も取り除かれ、残してもらう木だけにしていただいたら広々としたお庭に

さてさてお庭で何をしようかな?
ガーデニングも出来るし、テラス席も出来るし、いろいろ考えれますね
ただお客様用の駐車場には致しません、なんせここは軽自動車しか入って来れない路地ですし、食事している目の前に車がバタバタ来たら落ち着かないので、お客様用の駐車場はどこか近くに借りる事になると思います。


お盆と台風_d0099845_22151099.jpg


こちらは裏路地、人しか通れない路地です。

自宅の方の入口になります
その向こうは広い空き地、家が建てれない土地なので日当たりは良好です


お盆と台風_d0099845_22140379.jpg



自宅側の倉庫だった場所を玄関にして
壁だったこの場所を取り外し、古い建具をはめてもらい、土間のある空間にしてもらいます

お盆と台風_d0099845_09242376.jpg

お盆と台風_d0099845_09255665.jpg



 家の玄関だった場所を厨房にして、個室があった窓のある部屋は庭が見える仕込み部屋にしようと思っています。
子供が遊んでいる庭を見ながら仕込みが出来るのは嬉しいですね。

お盆と台風_d0099845_22152836.jpg


数話前の洋風だった部屋は床からベコベコだったので取り除いてもらい畳のあるリビングに変更
お盆と台風_d0099845_22141928.jpg

古い平屋部分は店舗として生まれ変わります

畳だった部屋は栗の木のフローリングへ

お盆と台風_d0099845_22174643.jpg



縁側だった場所はなくなり土間に変更

徳◯さんと土間の雰囲気を何度も何度も話し、左官屋さんは何度も土間の試作品を持ってきて下さいました。
さらに気に入った土間のある場所の写真を見せたら、わざわざ遠いのに土間を見に行ってくださり、何度もサンプルを作ってきてくれ、それでも色合いはこっち質感はこっちを合わせた感じがいいですと、最後の最後まで希望とする土間になるまで付き合って下さいました。
出来上がったらずっと使う家なので、本当に嬉しく思うばかりでした。
お盆と台風_d0099845_09493044.jpg

ここは土間になり正面の壁は抜かれ入口となります。
お盆と台風_d0099845_22193344.jpg

土間になるこの部分の一番奥はなんと私の勉強机(英国1900代のスクール机)を置こうかなって思っています。
今のところですよ
お盆と台風_d0099845_22193700.jpg


貸切パーティーもできますよ!

食事用のテーブルはお付き合いのある
岡部町の家具職人にお願いするつもりです。
乞うご期待!

お盆と台風_d0099845_22194040.jpg



こんな感じで進んでいます
とにかく静かな場所です、ゆったり仕込みをしてゆっくりくつろいでいただき、食事の時間を是非楽しんでもらいたいと思っています。


そうそう海が近い場所になるので、来店前の夕暮れどきに好きな方と手を繋いで散歩してもよし、家族で会話しながらくるもよし、一人でたそがれてからくるもよし、少し時間に余裕を持ってこの土地に来てみて下さい。

でもこういう場所って皆さんは好きなのかな〜?
自分は特に好きですね、夕方に登る月を見たり、冬は寒く冷たい海風が吹く中、月夜または星空を見たのち暖かい料理を食べにくるのも最高の時間ですよね。



お盆と台風_d0099845_00004235.jpg




















おまけ




由香ちゃんが実家から持って来ました。

いまだに一面しか出来た事がありません。
小学生の頃このルービックキューブが数分で出来た友達達は、今なんの職業についているのかな?参考に知りたいな〜


お盆と台風_d0099845_00015401.jpg







おまけのオマケ



かき氷機をもらった悠之◯くん
さっそく自家製苺ジャムと甘酒をのせて食べていました。
お盆と台風_d0099845_09525572.jpg


まだお盆期間中なので誠ちゃんは我が家にいるのかな?そろそろ茄子にのって帰りましょうね、おじいちゃん
お盆と台風_d0099845_09530065.jpg





おしまい


# by 173-castagno | 2019-08-16 10:00 | 日々の日記 | Comments(0)